Category Archives: VR JAPAN

【体験レポ】高まっていくクオリティ E3で体験したPSVRのゲームを一挙レポート

201706181935859000

6月12日、アメリカのロサンゼルスでソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation向けの新作などを発表する「PlayStation E3 MEDIA SHOWCASE」を開催しました。本記事では、今回新しくお披露目された新作を中心に、現地にてデモ展示が行われていたPlayStation VR(PSVR)向けゲーム4タイトルとその後のE3会場でプレイした追加1タイトルのプレイレポートをお伝えします。 ARC ANGEL 『ARC ANGEL』は、コクピットに乗り込んでロボットを操作するアクションゲームです。ゲーム進行に応じて機体が自動的に移動する方式ですが、コクピットに乗っている演出を挟むことでVR酔い軽減の対策がなされており、比較的に快適なプレーができました。開発者に酔わなかったについて話したところ、VR酔いについての内容がデモを通じての調査したかったようでとても喜んでくれました。 内容としては、一般的なビームやロケットランチャーを駆使して敵を倒し進んで行くというもの。PS moveコントローラーを使ってFPS視点で左右別の照準を定めての操作となり、右手がレーザー弾、左手がランチャーと使い分けてがなされてます。その他、左右のアームともにシールドを出すことができ、敵の攻撃を防ぐことができます。 頭の動きに合わせてコクピットが、PSmoveの動きに合わせてロボットアームが連動して動きます。ロボットの動作に少しディレイがかかっており、ロボットを操縦している演出もしっかりとできていました。 特殊操作としてパンチで岩を壊して進む等の演出もあり、色々とインタラクティブな要素も考えられた作りになっていたところもポイントです。グラフィックやエフェクトがしっかりしているため、ゲーム内容こそありがちではあるものの全体レベルは高いと感じました。 近日発売予定、価格は不明。ミッション数はそこそこあり、数時間は楽しめるボリュームを用意しているとのこと。評判に応じて追加コンテンツも検討しているようです。 https://www.youtube.com/watch?v=yLIpWrhhyEo 勇者のくせになまいきだ VR 人気のリアルタイムストラテジーゲーム『勇者のくせになまいきだ』のシリーズ最新作です。過去作ではゲームの舞台が地下でしたが、地上にできた後を描いたストーリーとなります。神視点でフィールド全体を見渡し、モンスターを配置しながら、対象のオブジェクトを破壊したら勝利というリアルタイムストラテジーゲームです。操作方法は通常のDualshock4コントローラーでの操作となり、コントローラー部分からでているレーザーを使うことで選択、配置等を行う仕組みとなってます。 マップを見る視点も複数パターン用意されており、フィールドを回転させながら好きなビューでプレイが可能です。モンスターの目の前まで頭を近づける視点も取れるため、ミニチュアモンスターが戦っている所を近くで見れる体験はVRならではの楽しい体験でした。 カメラをVR対応したコンテンツとなり元々のコンテンツも使えることから、他のVRタイトルに比べてコンテンツボリュームは多いことが特徴とのこと。 世界観に合わせてグラフィックやエフェクトもしっかりと作られており全体的な完成度は高い作品です。本作品のファンはもちろんのこと、まずはじめに手をだすVR作品としてもぴったりな作品だと感じられる一作でした。 https://www.youtube.com/watch?v=4JQ9suICik0&oref; TiNY TRAX 神視点でミニカーゲームを見ながら操作するレースゲームです。通常コントローラーを使って、アクセルとミニカーの向きを変える操作によって立体的なコースを進んでいきます。向きを変えて進む毎にチャージがたまりブーストダッシュが使え、うまく向きを変えつつブーストを使うことでトップスピードを維持しながらコースを爆走することも可能です。 今回のデモでは3つのコースが体験でき、複数のミニカーと色が選べる形式でした。シンプルな作りだが、タイムアタックモードや、友達との対戦プレイなどでやりこみ度は高い作品となりそうです。 https://www.youtube.com/watch?v=I2YQ3Aywl9E LEGION COMMANDER テーブルボードタイプのストラテジーゲームです。操作はPSmoveコントローラーをレーザーポインタのように操作し、基本的にはトリガーを使うのみという簡単な操作になっていました。 モンスターを召喚しつつ、各種スキルでサポートをおこない、相手陣地を攻め落としたら勝利となります。後半になるとフィールド上にモンスターも増え、スキルも複数発動されるようになるため、派手な戦いと変化していきます。 今回のデモでは、ざっくりとした体験となり、細かい部分まで踏み込むことはできませんでした。ストラテジーゲームの場合戦略に深みをもたせるための要素である、各種ヒーローの選択や、モンスターの組み合わせ等々カスタマイズの部分が重要になります。今後に期待のコンテンツとなります。 発売時期、価格は未定です。 ROM: Extraction 360度全方位から敵が襲ってくるウェーブ型のシューティングゲームでPlayStationVR シューティングコントローラーを操作して敵を倒していきます。HTC Vive向けの『Raw Data』と同じようなプレイ感です。『ROM: Extraction』自体も既にHTC ViveとOculus Rift向けに配信されていますが、PSVR版では銃型のシューティングコントローラーを使う点が最大の特徴となります。 攻撃方法は、通常攻撃のレーザーと、特殊攻撃のボールでの攻撃の2種類を駆使して敵を倒します。 ボールは壁に当たることでスーパーボールのように跳ね回り、的に当たると大ダメージを与えられます。またボールは敵を倒す事で特殊ボールがゲットでき、様々な効果を持ったボールが登場する。詳しい説明はなかったため、デモ体験時には詳細な違いを把握することは難しかった。 内容はある程度単調な作りになっていたというた印象でした。グラフィックは世界観をしっかり作っており綺麗で、『Raw Data』を意識しているのか似たようなデザインとグラッフィクになっていました。 https://www.youtube.com/watch?v=cV0Cwa7zqD8 『グランツーリスモ スポーツ』 『グランツーリスモ スポーツ』のPSVR版を、E3のソニーブースで体験できたため合わせてレポートとします。 オリジナルのレーシング筐体を使ってのプレイとなり、VRと組み合わせることでゲームへの没入感はとても高かったです。 今回のデモでは、コースは2シーンの中で選択となり、シーンを選ぶと更に2コースのなか中から1コースを選択する形式となっていました。 コースを選ぶと朝から夜までの時間帯を選ぶこともでき、様々な環境でのプレイも可能です。 グラフィックはVRへの最適化のためか通常のモニターで観るよりは粗くなっていましたが、その分フレームレートは維持されており処理落ち等はありませんでした。

2.5次元アイドル『ドリフェス!』が目の前に!「DMM VR THEATER」で9月に開催

201706191007749000

横浜の常設ライブホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」にて、2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』に登場するユニット「DearDream」と「KUROFUNE」のホログラフィックライブが、2017年9月に行われることが決定しました。 今回のライブの発表とともに、チケットの一次先行も開始。 『ドリフェス』は、バンダイナムコグループと株式会社アミューズがプロデュースするメディアミックス作品です。2016年よりスマートフォン向けアプリが配信がされ、同年10月にはTVアニメ1stシーズンが放送されました。2017年8月には、2ndシーズンの放送も決定している女性に人気なコンテンツです。 本アプリの配信1周年を迎え、作中に登場するユニット「DearDream」と「KUROFUNE」のホログラフィックライブ「ドリフェス!イリュージョンShow Time」が、2017年9月に「DMM VR THEATER」にて上演されます。 本上演プログラムは全3種類。プログラムごとにバラエティーコーナーの担当者が異なっており、ライブ以外にも楽しめる要素があるとのことです。 チケット情報や公演内容については、以下の通りになっています。 チケットについて 販売期間 一次先行:6月16日 10:00から7月2日 23:59まで二次先行:7月15日 10:00から7月23日 23:59まで一般販売:8月5日 10:00から10月1日 18:00まで 料金:全席指定5,400円(税込み)※別途ワンドリンク代500円 チケット一次先行受付は、公式サイトから行うことができます。 公演内容について A トラフィックシグナル(天宮奏、及川慎、佐々木純哉)B 片桐いつき、沢村千弦C KUROFUNE(風間圭吾、黒石勇人)※バラエティーコーナーの出演者が異る。 正式タイトル D-Fourプロダクションpresents DearDream & KUROFUNE ドリフェス!イリュージョンShow Time in DMM VR THEATER 期間 2017年9月9日から10月1日 期間中の 金・土・日・祝 上映時間 約60分 開場は開演の1時間前から 出演 DearDream(天宮 奏/及川 慎/佐々木 純哉/片桐 いつき/沢村 千弦)KUROFUNE(風間 圭吾/黒石 勇人) 会場

日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #65

201706191104076000

オンラインスポーツスクールアプリSporta、レッスンのVR活用を発表 サッカー専門webメディア「サカチャン」の運営で知られるSkyBall株式会社は、オンラインスポーツスクールアプリSporta(スポルタ)のリリースを記念したサッカースクールの開催を発表しました。サウサンプトンFC所属の吉田麻也選手を招いたレッスンに加え、VR動画の配信が予定されています。「だれでも・いつでも・どこでも、サッカーを学べる環境」がコンセプトの同アプリ。VRのオンラインスクール活用事例として注目したいニュースです。 プレスリリース: サウサンプトンFC所属・吉田麻也選手登場! Sportaサッカースクール開催! | PR Times WHITE、「VRエンタメサミット2017」の開催を発表 VR関連事業を手がける株式会社WHITEは、「VRエンタメサミット2017」の開催を発表しました。「ゲーム、アニメ分野におけるVRビジネスの可能性」がテーマとなっており、株式会社gumiの國光宏尚氏をはじめとして、プロダクションIGの郡司幹雄氏、WHITEの廣田憲幸氏らの登壇が発表されています。セミナー前半は「エンタメ業界におけるこれからのVRビジネスの可能性や収益化」、後半では「VRコンテンツのマネタイズ手法」についてのセッションが予定されています。 プレスリリース: 無料セミナー/VRゴーグルプレゼント付 VRエンタメサミット2017開催 | PR Times カーメイト、VRアプリ「d’Action VR」の配信開始を発表 自動車用品総合メーカーとして知られる株式会社カーメイトは、VR動画視聴アプリ「d’Action VR」の配信開始を発表しました。同社のドライブアクションレコーダー「d’Action 360」で撮影した360度動画をVRで視聴することのできるアプリとなっており、市販のVRゴーグルに対応しています。ドライブレコーダーとして360度撮影機能を備える同製品。360度カメラやVRデバイスの需要のされ方として注目したいニュースです。 プレスリリース: 業界初、自分で撮影した360度のドライブ映像をVR体験できるアプリ登場 | PR Times フューチャーアーキテクト、「スポーツ × MR」がテーマのアイデアソン「スポーツアイデアソン」の開催を発表 システムインテグレーション事業を手がけるフューチャーアーキテクト株式会社は、スポーツとMRがテーマのアイデアソン「スポーツアイデアソン」の開催を発表しました。VR/MR体験からはじまり、プログラミング言語の学習、スポーツイベントをテーマとしたアイデアの検討、発表などが予定されています。2020年のプログラミング教育必修化を見据えた中高生向けのイベントとなっており、参加費は無料。VR/MRに興味のある中高生の方、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 プレスリリース: 中高生20名募集! 最新テクノロジーでスポーツイベントを盛り上げよう! スポーツアイデアソン 8月2日(水) 初開催 | PR Times ハワイ州観光局、FIRST AIRLINES と共同でバーチャルハワイ路線の提供開始を発表 ハワイ州観光局は、エンタテイメント施設「FIRST AIRLINES」と共同で、ハワイ旅行を疑似体験することのできる「バーチャルハワイ路線」の就航を発表しました。航空機の「ファーストクラス気分」を楽しむことのできるテーマパークとして昨年オープンした同施設。一流シェフがプロデュースするハワイテイストの機内食をはじめ、同局提供のVR映像体験など、まさに五感で楽しむバーチャルトリップ体験が特徴となっています。渡航費用は、5,500円~。ファーストクラスのハワイ旅行気分を味わってみたい方、ぜひ足を運んでみては。 プレスリリース: ハワイ州観光局、FIRST AIRLINESと共同で、ハワイ旅行の疑似体験を提供へ | PR Times なお、本記事は各社のプレスリリース等を参考に執筆しています。VR関連のプレスリリースがある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。 Mogura VR

ついにヒーローになれる『スパイダーマンVR』7月30日配信決定

201706171613616000

誰しも一度は映画に出てくるヒーローになりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。VRによって、まるで自分がヒーローになったかのような体験ができるようになります。 それもゲームコントローラーではなく、手を動かして、まるでヒーローになりきることができるようになります。それも、家に居ながらにして。 今回、配信されることが明らかになったのはマーベルのヒーロー、スパイダーマンになることのできるVR体験『Spider-Man: Homecoming VR』です。アメリカでは7月7日に公開される(日本では8月11日に公開予定)の新作『スパイダーマン:ホームカミング』にフィーチャーした体験になっています。 映画『スパイダーマン:ホームカミング』特報予告編 https://www.youtube.com/watch?v=f9M4qC2Jpg4 『Spider-Man: Homecoming VR』の配信日は7月30日。ソニー・ピクチャーズより、Oculus Rift、PlayStation VR(PSVR)、HTC Viveの3つのプラットフォーム全てに配信されます。日本への配信に関しては不明です。 スーツを着るところから体験が始まる 『Spider-Man: Homecoming VR』では、プレイヤーは、スパイダーマンことピーター・パーカーになりきることができます。アイアンマンことトニー・スタークが社長を務めるスターク・インダストリーから届けられたアタッシュケースを開くと、そこには真っ赤なスーツが……。 このスーツを着てマスクを被って、スパイダーマンとなり、手からスパイダーストリングスを出して街にあるものを動かし、そしてニューヨークの街を飛び回ります。 公開されているトレーラーを見る限りでは、移動の際は視界を狭めるなどの方法で酔いを防止しつつ、スパイダーマンになって街を飛び回る爽快感を味わえるようになっていると見受けられます。 https://www.youtube.com/watch?v=XMb8lXuIio0 これまでVRでヒーローになれる体験としては、バットマンになって謎を解く『バットマン:アーカム VR』(Oculus Rift、HTC Vive、PSVR向けに配信中)がありました。また、映画の世界に入って自分が動いて体験するコンテンツとしては『Ghostbusters VR – Now Hiring』(PSVR向け、日本未配信)や『John Wick Chronicles』(HTC Vive向けに配信中)などがあります。 映画の世界を体験するVRコンテンツは、頭を動かして世界観を体験するだけの360度映像が配信されることも多くありますが、ハリウッドでは、映画の中で動き、自分が登場人物として振る舞うよりインタラクティブなコンテンツが増えつつあります。 (参考)https://vrscout.com/news/spider-man-vr/# Mogura VR

行く前にチェック!新宿のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」徹底ガイド

201706181018913000

東京・新宿の歌舞伎町に2017年7月14日からオープンするVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」。2016年に半年間限定でお台場で実験的な運営を続け話題を集めたバンダイナムコエンターテインメントの施設「VR ZONE Project i Can」が新宿に本格的に復活することになります。 VR ZONE SHINJUKUは、新宿・歌舞伎町のミラノ座跡地に建設される広大な施設です。2階建てで総床面積が1,100坪となります。 最先端のVR技術と独自の体感マシンを組み合わせ、これまでのアトラクションやVR体験とは一線を画する没入感と現実感を生み出します。バンダイナムコが保有する様々なアニメ作品などと組み合わせたものもあり、合計15の体験に加え、プロジェクションマッピングや食事などさまざまな設備が用意。VRではない体験もあるため、全ての年齢で楽しめる施設になっています。 本記事ではVR ZONE SHINJUKUで何が体験できるのか、そして料金や体験方法などVR ZONE SHINJUKUの全てを紹介します。 1.場所、営業時間2.予約、料金、年齢制限、利用制限3.VR ZONE SHINJUKU 中の様子4.VR ZONE SHINJUKU 各アクティビティの紹介5.食事もできる飲食エリア「GLAMPER’S 」 公式サイトhttps://vrzone-pic.com/ 施設PV https://www.youtube.com/watch?v=EDEaTlIEfwM ※なお、本記事は6月13日に開催されたVR ZONE SHINJUKUの発表会で公開された情報、公式サイトに掲載されている情報、さらに先行体験できた内容やヒアリング内容を元にまとめたものになります。7月14日のオープン後、現地レポートも交え随時更新していきます。 1.場所、営業時間 場所 VR ZONE SHINJUKUは、JR新宿駅から徒歩5分程度の歌舞伎町の東端にあります。西武新宿駅からは徒歩2分ほど。旧ミラノ座跡地にあります。 VR ZONE SHINJUKUは、2階建ての大きな建物になります。夜間はプロジェクションマッピングでライトアップされます。 昼の外観 夜の外観。パックマンのプロジェクションマッピングなど様々な投影が行われる 営業時間 VR ZONE SHINJUKUの営業時間は10時から22時。最終入場時間は21時となっています。 2.予約、料金、年齢制限、利用制限 予約 VR ZONE SHINJUKUは入場日時予約制となっています。入場するには公式サイトもしくは専用アプリでWeb予約が必要です。 予約は入場開始時間のみ指定となり、入場後は何時間滞在していても問題ありません。 予約の時間帯は10時から20時まで、1時間ごとです。 料金 VR ZONE SHINJUKUの料金システムは「1day4チケットセット」が基本セットとなります。「1day4チケットセット」は、入場料と4つのVRアクティビティのチケットがセットになったもので、税込で4,400円です。

「はーい、そこから落ちてください!」ボロボロ人力飛行機で空中散歩 VR ZONEの新VR体験『ハネチャリ』

201706171613312000

2017年7月14日に新宿・歌舞伎町ミラノ座跡地にオープンするVR体験施設『VR ZONE SHINJUKU』。さまざまなVRアクティビティが設置されます。 https://www.youtube.com/watch?v=EDEaTlIEfwM そこで体験できるVRアクティビティ『極限度胸試し ハネチャリ』(以下、ハネチャリ)を一足先に体験してきました。 本当に空を飛んでいるような不安定さ 『極限度胸試し ハネチャリ』はボロボロの翼がついた人力飛行機にまたがり、山の頂上にあるゴールへ向かって自転車を漕ぐように飛行する体験です。4人同時プレイでボイスチャットで話をしながら体験できます。最初は白い鳥が飛んでいるのを見上げながら、川の傍で説明を受けます。周囲には一緒に飛ぶ人達も見えていますし、声でコミュニケーションとることも。ハンドルを前後や左右に傾けると木の骨組に布が張られた羽根が動くのを見て期待が高まります。 説明が終わると離陸のため崖の上へ移動、目の前には遠くにそびえたつ高い山。下方に目を向けるとはるか下には川が流れています。 崖の先には崖から飛び出ている細い腐りかけの板。スタッフの「はーい、スタートしますよー板の上を進んでくださいー」という掛け声に「本当にここを通るの?」と疑問に感じながらペダルを漕ぎ始めます。 板に差し掛かると、細く不安定で左右に落ちそうになりながら慎重にバランスを取り進めます。目の端に隣の人が乗っている板が、重みでボロボロ壊れていく様子が見えるともう内心ヒヤヒヤものです。 「はーい、そこから落ちてください!」とのスタッフの声に、落下の恐怖に身を竦めながらペダルを踏みこんで落下。水面が近づき川に落ちる直前に漕ぐことを思い出し必死になって足を回します。 上昇すると絶壁の上に立っている建物や足元の下を飛ぶ鳥、森など、気持ちのいい光景を楽しめますが、地上には墜落したのであろう壊れた人力飛行機の残骸が、いくつも落ちているので背筋が寒くなります。 事前に落ちたら死ぬこと、羽根がボロいので強風受けると落下することなどの説明を受けていましたが、先行していた人が風にあおられ「あー!」という悲鳴を残して地面に派手に激突していくのが見えます。 墜落して死んだ場合、ちょっと前に戻って再スタートとなりますので操縦が下手でも安心ですが、何回も墜落すると制限時間内にゴールできなくなり、途中で終了となります。 強風が吹いている場所に差し掛かると、強い風の音と軋む羽根の音、顔に当たる風とハンドルがもっていかれるように動かしにくくなります。ゲームのように強風とわかる矢印や色をは出ず、何もないからこそ現実と同じく実際に空で強風を受けているような気になります。 高度とハンドル操作を気をつけないとぶつかる洞窟や、一番先に通過した人だけが見られる迫力のあるシーンなどもあります。 ゴールするまで気を緩めることはできませんが、落下のスリルがありながらもスタートからゴールまで壮大で美しい光景に目を奪われます。 Mogura VRさん(@moguravr)がシェアした投稿 – 2017  6月 14 4:13午後 PDT 4分間の飛行は終わると、短いと感じますが、ずっと漕ぎ続けていると息が上がります。 ペダルを漕がないでグライダーのように滑空するとスピードもでて疲れにくく、実際に経験はなくても風に乗るとはこんな感じだろうかと思える爽快感です。 ルートは1つではありません。スタートして洞窟を通りゴールすることはどのルートでも同じですが、どのルートを選ぶかで風景や難易度が違うので最低3回は体験しても楽しめるとのこと。 友人と一緒にわいわい言いながらそれぞれ違うルートを選択するのも、同じルートで行くのも楽しそうです。 ハネチャリのプロデュースを担当したバンダイナムコエンターテインメント齊田氏によると、「20年前に作られた自転車型筐体アーケードゲームプロップサイクルをVRでやったらどうか」ということから最初の着想を得たとのこと。 自転車の下の小さな風船のようなものが埋まっており、空気で1個ずつ膨らませたり、しぼませたりすることでグラグラとした不安定で繊細な動きを表現しています。 VR ZONE SHINJUKU 施設概要 名称 『VR ZONE SHINJUKU』 公式サイト http://vrzone-pic.com 営業期間 2017年7月14日(金)~ 期間限定 チケット 2017年6月16日昼12時から公式サイトにて予約受付開始 営業時間 10:00~22:00 ※最終入場時間21:00・飲食ラストオーダー フード21:30/ドリンク21:45(持ち帰りは22:00まで販売) ・各アクティビティ 受付 21:30頃 ※各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり。