Category Archives: VR JAPAN

KPMGコンサルティング、HoloLens導入支援サービス提供を開始 製造業向けの業務改革を目指す

201706231120490000

KPMGコンサルティング株式会社は、マイクロソフトが提供するMRデバイス「HoloLens」を使用した製造業向けのアドバイザリーサービス「Microsoft HoloLens導入支援サービス」の提供を開始しました。 同社は、製造現場における作業効率と品質の向上の実現を目指すため、HoloLensを活用しての支援を行うとのこと。 HoloLensは、装着することで現実世界に映像を重ね、その映像を本当に存在するかのように手で操作することなどが可能です。たとえば、会議室でHoloLensを使用した場合、目の前の会議卓上に新製品の3D映像を映し出すことができ、映し出された製品を会議卓上で自在に回転させることでさまざまな角度からの検証が可能になります。 また、HoloLensはワイヤレスのホログラフィックコンピュータであり、屋内に限らず製造現場など様々な場面での活用が可能です。 「Microsoft HoloLens 導入支援サービス」の概要 「Microsoft HoloLens 導入支援サービス」では、クラウドサービスのMicrosoft Azureと連携させることで、企業における情報活用改革を目指すとのこと。 企業の製造現場と本社など、異なる複数拠点でHoloLensを装着した意思決定者がクラウド環境で繋がることで、現場で起きている課題をリアルタイムに共有でき、迅速な意思決定を行うことが可能になります。 また、製造現場の組み立て工程において、作業者が装着したHoloLensに製品の設計情報や部品情報などを表示するなどして、作業の品質向上なども期待できます。さらに、HoloLens向けに開発された専用アプリをカスタマイズすることにより、製造現場ごとに異なるニーズに対応可能とのこと。 「Microsoft HoloLens 導入支援サービス」の特徴 同社によると、本サービスの特徴は下記などとのこと。 ・距離を超えたリアルタイムコラボレーション・情報分析による情報活用の高度化・直感的・迅速・高精度な意思決定の実現 なおKPMGコンサルティング社と日本マイクロソフトは、以前からビジネスデータ解析、Cognitive Serviceなどの分野で協力してきました。 同社では現在、具体的な適用例として製造現場における不具合の記録、調査、分析に活用するプロトタイプを開発し、国内製造業企業とともに製造現場における検証を進めています。 Mogura VR

AR/VR両対応の新型スマホ「ZenFone AR」 マルチキャリアや次世代音声通信「VoLTE」に対応

201706231159144000

ASUS JAPAN株式会社は、6月23日より発売のAR/VR両対応した新モデルのスマートフォン「ZenFone AR」の最新アップデートにより、auの4G LTEを活用した次世代音声通信「VoLTE」や、マルチキャリア対応することを発表しました。 ZenFone ARは、グーグル社が提供するARプラットフォーム「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」の両方に世界で初めて対応しているスマートフォンです。 今回のFOTアップデートにより、auの4G LTEを活用した次世代音声通信(VoLTE)に対応し、au系のSIMやドコモ系のSIMでも使えるマルチキャリア対応が行われます。 本アップデートの手順や概要は以下の通りです。 FOTアップデート方法 1.ホーム画面に更新通知メッセージが表示されるので、矢印をタップし、ファームウェ アのアップデートを実行。2.アップデートをすぐに実行する場合は、「インストール」をタップ。3.インストールが完了すると、スマートフォンは自動で再起動。 デバイスの再起動後、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の部分に記載さ れている数字が、以下の番号になっていることを確認。 ・ZenFone AR (ZS571KL)最新のビルド番号: JP_14.1600.1705.16_20170606 アップデートに必要な環境 LTE/3G通信、あるいは無線LANをご利用できる環境 アップデート開始日時 2017年6月23日 15:00より順次 Zenfone AR 概要 CPU Snapdragon 821(2.35GHz x 4) GPU Adreno 530 メモリ LPDDR4 8GB / 6GB ストレージ 128GB / 64GB ディスプレイ 5.7inch Super AMOLED 解像度 1440 x 2560px サイズ 77.7 x 158.98 x (4.6 から 8.95)

オリンピックの観戦が変わる インテル、IOCとスポンサー契約 VR向け360度配信へ

201706231238105000

米インテルは国際オリンピック委員会(IOC)と協力して、5Gなどの通信インフラのサポートに注力し、オリンピック大会に向けて技術を提供し、バーチャルリアリティ(VR)と360度映像のプラットフォームを提供することを発表しました。 インテルは2024年までの契約期間で、オリンピック・パートナースポンサーシップ・プログラムに参加することを発表しました。 インテルの技術が提供されるオリンピックの第1回イベントは、2018年冬季オリンピックが行われる韓国の平昌です。オリンピックイベントの360度ストリーミングなどが予定されているとのこと。 IOCのトーマス・バッハ会長は「オリンピック・アジェンダ2020の結果、IOCは画期的なパートナーシップを模索しています。インテルはその分野で世界をリードしています。インテルのチームと協力して、オリンピックの将来を最先端の技術で推進することができると考えています。 オリンピックは、スポーツとオリンピックの卓越性、友情、尊敬という価値観によって世界中の人々にインスピレーションを与え、ファンと選手とのつながりを提供します。 インテルとの新しい革新的な世界的なパートナーシップのおかげで、世界中の競技場、選手、観客のファンには、まもなく、まったく新しい方法でオリンピックの魔法のような体験を提供します。」と述べています。 迫力と没入感のあるオリンピック観戦 インテルはパートナーシップ中、オリンピックのイベントに技術を投入し、第5世代ワイヤレス通信である5Gインフラストラクチャーを駆使し、ドローンを使って撮影した映像を配信します。 また、インテルの30 台を超える 5K カメラが会場全体をカバーするインテル360リプレイ・テクノロジーによって、あらゆる瞬間をあらゆる角度から撮影し、動きの激しいプレイを臨場感あふれる 3D 映像で描画します。 ドローンとインテル360リプレイ・テクノロジーによって、様々な角度から迫力があり、没入感のある映像を視聴することができるようになるとのこと。 インテルのCEOであるブライアン・クルザニッヒ氏は、ニューヨ-クで開いた記者会見で、「オリンピックのムーブメントに参加し、世界中のスポーツファンのために、インテルの革新的技術を提供することができることを嬉しく思っています。このオリンピック・ファミリーとの緊密な協力を通じて、世界最大の運動競技でスポーツの未来に向けた技術の採用を、加速させていきます。」と語りました。 インテルの契約期間中に行われるオリンピックイベントには、2018年の韓国の平昌冬季オリンピック、2020年の東京オリンピック、2022年の北京冬季オリンピックがあり、アジアで多く開催されます。 (参考)Intel Announces Partnership To Provide Tech For Olympicsー(英語)https://www.vrfocus.com/2017/06/intel-announces-partnership-to-provide-tech-for-olympics/ Mogura VR

オリックス自動車、観光の疑似体験サービス「VRトラベル」を開始

201706231159107000

オリックス自動車株式会社、株式会社アクティビティジャパン、ナーブ株式会社の3社は、本日より、沖縄エリアのオリックスレンタカー11拠点にてVRを活用した観光の疑似体験サービス「VRトラベル」の提供を開始します。 「VRトラベル」は、旅行しているエリア楽しめる体験型観光(下記画像参照)を、VRを用いて疑似体験できる無料のサービスです。 アクティビティジャパン社が体験型観光プランをナーブ社のVRクラウド上に蓄積しており、オリックスレンタカーの利用者は、窓口での手続きの合間にVR視聴端末を使用、現在地から訪問可能な体験型観光を360度で疑似体験できます。 本サービスは、まずは沖縄エリアのオリックスレンタカー11拠点にて展開し、順次、北海道やその他のエリアへ拡大するとのこと。 消費者のニーズが、消費財などの「モノの消費」から、イベント体験など「コトの消費」へ移行している言われる中、「コト消費」ニーズに対応するために、ナーブ社が「VRトラベル」を開発したとのこと。オリックス自動車の発表によると、「旅行現地に到着し、これから旅が始まるタイミングで体験型観光をVRにて体験することで、レンタカー拠点から思い出作りの手伝いをできるものと考えている」とのことです。 Mogura VR

「突然ですが、明日結婚します」のマネキンチャレンジ360度動画やVRゴーグルが登場、DVD/Blu-ray特典

201706231243117000

2017年1月よりフジテレビより放送されていたTVドラマ「突然ですが、明日結婚します」のDVD/Blu-ray BOXを購入すると、同ドラマのエンディングで流れる「マネキンチャレンジ」の360度動画と専用VRゴーグルが特典として付いてきます。 https://www.youtube.com/watch?v=YOUEn6rT-n4 「突然ですが、明日結婚します」は、専業主婦に憧れる「高梨あすか(西内まりや)」と結婚をしたくない「名波竜(flumpool-山村隆太)」という結婚に対する価値観が異なった2人を描く恋愛ドラマです。 「突然ですが、明日結婚します」DVD BOX & Blu-ray BOXが本日発売デス!初回限定特典には、EDのマネキンチャレンジの模様が収められた360°VR映像 DLカードと専用ゴーグルも!詳しくはコチラ→https://t.co/WF6sAvalDS#flumpool https://t.co/eItlABAL7B — flumpool_STAFF (@flumpool_STAFF) 2017年6月21日 同ドラマのエンディングは、キャスト陣が全員マネキン人形のように静止する「マネキンチャレンジ」の手法が使われています。今回のDVD/Blu-ray BOXでは、「マネキンチャレンジの舞台裏」として360度動画のダウンロードカードと専用VRゴーグルが初回限定特典として付いてきます。 マネキンチャレンジの舞台裏ということなので、撮影時に現場がどのような雰囲気だったのかを覗けるかもしれませんね。 ・ASMART-「突然ですが、明日結婚します」DVD /Blu-ray BOX Mogura VR

「VRを通して人々が繋がる場を創る」 VR体験カフェ&バー『WarpZone』 渋谷開設に向けクラウドファンディング開始

201706231403188000

AbstractEdge合同会社は、今夏渋谷でのオープンを目指して企画中のVR体験カフェ&バー『WarpZone』を運営するためのクラウドファンディングを開始しました。 https://www.youtube.com/watch?v=-pVNntqF3_s 本プロジェクトの開始は、AbstractEdge代表の小倉氏がYoutubeでのVRゲームプレイ動画を見ていた際に、「VRは一人で楽しむより複数人で楽しむためのガジェットなのかもしれない、カフェやバーに置いたら面白いのではないか」と思ったことがきっかけとのこと。理念として「VR体験を通して人々が繋がる場を創りたい」と考えているようです。 開設予定の店舗は渋谷駅徒歩3分の立地。渋谷ロフト前のビル7階(最上階)となっています。 店内は18.5坪(約61平米)の広さで、バーカウンター・窓側カウンター・テーブル席を配置。店内奥側のテーブル席ではハイエンドVRデバイスを楽しめるとのこと。 ハイエンドVRデバイスとして導入するHTC Viveは、VR内を自由に歩き回れる「ルームスケール」が特徴です。導入予定コンテンツとして代表的なものも公開されており、下記のとおりとなります。 Google Earth VR 自由に地球を見て回れる『Google Earth VR』。Google Earthと同じ高解像度の衛星画像、航空写真、主要な都市や観光地の高精細な3Dオブジェクトを1人称視点でシームレスに体験できます。 https://www.youtube.com/watch?v=SCrkZOx5Q1M Tilt Brush 『Tilt Brush』は、HTC Viveを装着してVR空間に線を描いていくペインティングツールです。両手に持ったコントローラーがパレットと筆になり、色も線種も自由自在に3D空間に絵を描くことができます。 https://www.youtube.com/watch?v=TckqNdrdbgk The Lab 『The Lab』はVR向けコンテンツの配信プラットフォームSteamVRを提供するValveが制作したコンテンツ。内容は研究所(Lab)に広がるショートコンテンツから遊びたいものを選ぶミニゲームの詰め合わせ。VRの普及を推し進めるValve直々のコンテンツなだけあり、HTC Viveの特徴である「歩けること」「手を動かせること」を最大限活かした、楽しさが感じられるゲームです。 https://www.youtube.com/watch?v=ASVku-48N8Q Audioshield 音楽に合わせて、前方から迫ってくる玉を受け止めるリズムゲームです。収録されている20曲以上の曲は人気を博したアニメ「進撃の巨人」のテーマソング「紅蓮の弓矢」なども含まれます。PCに保存されている曲でも楽しむことができます。 https://www.youtube.com/watch?v=FhSsdsu4yIk 本店舗はVR体験を楽しむことを目的とし、食事の提供は無し(持ち込み可)、通常一人あたり1時間2,000円/2時間3,000円(ワンドリンク込み)の入場料金。精密機器を取り扱うため店内は完全禁煙です。 なお、クラウドファンディングの調達資金の用途は、店舗の運転資金のほか、ホームページ制作費など。設備は各テーブル毎に大型テレビを設置し、PSVRやHTC ViveなどVRヘッドマウントディスプレイや、Gear VRを各席で遊べるようにし、関心度の高いソフトを導入する予定。また、未定ではあるものの、今後都内に『WarpZone』を増やすことも検討しているとのこと。 今夏2017年7月には、新宿に新VR体験施設「VR ZONE Shinjuku」も開設されます。今後、さらにVRを体験できる施設が増えていくことが期待されますね。 行く前にチェック!新宿のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」徹底ガイド 甲羅は手で掴んで投げるもの VR ZONEに登場予定の新作『マリカーVR』 「はーい、そこから落ちてください!」ボロボロ人力飛行機で空中散歩 VR ZONEの新VR体験『ハネチャリ』 目標100万人、世界展開も バンナム、新宿のVR体験施設「VR ZONE」マリオカートやドラゴンボール等IP集結 Mogura VR