Category Archives: VR JAPAN

【VRゴーグルレビュー】スマホに上から装着するだけ ピント調節等もできる「Baseus VR」

201706110927339000

VRゴーグルのレビューをお届けしている「VRゴーグルレビュー」第22回は「Baseus VR」をとりあげます。ゴーグルのような形状ではなく、周囲を遮断するタイプではなく、レンズ部分しかないVRビューワーのため、今までとは少し異なった観点でレビューしていきます。 ※VRゴーグルレビューとは?Amazonや家電量販店などでさまざまな種類のものが売られているVRゴーグル。見た目も価格もいろいろ。実際に実際に体験すると1つ1つのデバイスごとに使用感などが異なります。Mogura VR編集部ではデバイスを実際に一つ一つ検証し、レビューしていきます。 なお、今回はスマートフォンは「Xperia Z5 Premium」、「iPhone7 Plus」、イヤホンはソニーの「MDR-NWNC33」を使用しました。また、筆者の視力は0.01の近視です。 BASEUS VRの特徴 「Baseus VR」は、VRビューワーの中では珍しく、ビューワーのレンズ横に板がついています。大きさもコンパクトで、iPhone 7 Plus、Xperia Z5 Premiumの縦の長さの半分、横は同じぐらいとなっています。ただ、VRビューワーの中(HOMiDO miniやキャラメルVRなど)と比べると、少し大きいです。 また、Baseusの名前が入った、ベロアでできた袋がついてきます。そのため、レンズ部分を傷つけることなく、ポケットやカバンに放り込んで持ち運ぶことができます。 スマートフォンへのセットも普通のVRゴーグルと比べれば簡単です。まず、レンズを広げます。そののち、ビューワー後ろについているクリップにスマートフォンをセットすればセット完了です。 なお、スマホにかけるだけのVRビューワーは、体験者の目に合わせた調節ができないものですが、本ビューワーはIPD(瞳孔間距離)の調整ができます。これにより、体験者は眼と眼の距離に合わせた調整ができます。 IPDを小さくした様子。IPDを大きくした様子。 写真のように、レンズを直接動かすことでIPDを調整できます。 さらに、ピントの調整も可能です。スマートフォンとレンズの位置をずらすことでピントの調整が可能になります。 BASEUS VRのすぐれている点 視野中心部は非常に綺麗に見えます。また、ピント・IPDを調整することができる点はVRビューワーとしては珍しく、すぐれている点でしょう。持ち運び用の袋がついているため、レンズを傷つけることなく携帯できる点もポイントです。 BASEUS VRの気になる点 本ビューワーはレンズの調整不足だと感じました。 VRゴーグルやVRビューワーでは、樽型に歪ませたVR表示状態のスマートフォンのスクリーンを、レンズを通して覗き込むことで拡大します。 しかし、画像の赤い斜線で示した部分が見えてしまうと、そこにはアプリケーションの映像が映し出されていないため、没入感の妨げとなります。 レンズの性能自体はよく、視野角は広いのですが、調整不足によって映してはいけない部分が映っていたため、VRビューワー自体の性能としては没入感を削いでいました。 また、ビューワーのレンズ横についた板も、光が入ることが前提となっているVRビューワーの中では、視野にうつると不自然に感じるため、レンズ横だけでなく上下にも板が必要だと感じました。 Baseus VRの総評 本ビューワーは、VRゴーグル・VRビューワーともに重要なレンズがおろそかになっています。そのため、満足なVR体験を本ビューワーを通して体験することは難しいでしょう。 デバイス名 Baseus VR メーカー Shenzhen Times Innnovation Technology Co.,Ltd. 価格 1,099円 (3月18日現在 Amazon) 視野角 不明 IPD調整 可 眼鏡の使用 可

【デレVR】総勢183人!「お願い!シンデレラ」に登場するアイドルを編集できる「EDIT LIVE」6/13から無料追加

201706111154155000

バンダイナムコエンターテインメントは、PlayStation®VR専用ソフト『アイドルマスター  シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』(以下デレVR)にて、楽曲「お願い!シンデレラ」に登場するメンバーを183人のアイドルキャラクターの中から自由に編集できるようにする追加機能「EDIT LIVE」モードを無料で配信、6/13から随時対応アイドルを追加していくことを発表しました。 https://www.youtube.com/watch?v=GKEenoaoLbE 「お願い!シンデレラ」は、シンデレラガールズを代表する曲で2013年にCDが発売され、実際に声優が登場するライブイベントでも毎回歌われています。デレVRでもCDで歌唱した9人のアイドルが登場しており、PSVRで観客のコールも含めてライブイベントにいるような体験ができます。 過去の体験記事http://www.moguravr.com/idlemaster-vr/ しかし、残念ながら「お願い!シンデレラ」をデレVRで歌うのはこの9名のみ。スマートフォン向けリズムゲーム「アイドルマスター シンデレガールズ スターライトステージ」(以下デレステ)や他のアイドマスターシリーズのゲームのように、自分がプロデューサーになって好きなアイドルでユニットを組み歌唱させるということはできませんでした。(デレVRは「アイドルライブ体感コンテンツ」とうたっています) それが、今回の機能追加で(1曲だけですが)お気に入りのアイドルを舞台に立たせることができるようになります。これは「用意された体験をする」だけのVRコンテンツから、「体験を編集できる」VRコンテンツへとアップデートしている、と言えるのではないでしょうか。 PVを見ると、18人の(デレVRでは)新しいアイドルが登場しています。ゲーム中でキャラクターの声がついているアイドルのほか、現在声が付いていないキャラクター「今井加奈」もいるようです。追加DLCも含めて現在デレVRに登場しているのは28人(+2人追加予定)。デレステで183人のベースとなる3Dモデルが既にあるとは言え、スマホ向けのモデルから手直しの作業があるはずですので、本気度がうかがえます。 公開されたPVより 続報は、シンデレラガールズのWebラジオ番組「デレラジ☆」http://hibiki-radio.jp/description/imas_cg/detail  (毎週月曜日21:00~)で公開されるとのことです。 協力:舞浜アンフィシアターⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc. Mogura VR

ピアノを弾く感触も再現するVR用グローブ カリフォルニアの大学が開発

201706110940292000

VR内でモノを触ったときの感覚を再現することは、より強い没入感を実現するための重要な要素の1つです。 カリフォルニアにあるカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)は、ピアノを弾いたときの感覚などを再現するVR用グローブを開発しました。 ピアノを弾くときの感触も再現するグローブ このグローブ型のデバイスを開発したのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校のコンピューター科学専門のJurgen Schulze教授と彼が率いる開発チームです。 ロボット工学を元にデザインされたグローブはゴムで作られた繊維でおおわれており、手の動作に応じてグローブの内に小さな空間を作ったり埋めたりしながら、VR内でのモノを触るときの感触を再現します。 https://www.youtube.com/watch?v=gCka1qsD4q8 Jurgen Schulze教授は「現在のVR用グローブは現実と同じようにモノの感覚を再現するレベルにはまだ達していません。私たちは人間の触覚を研究し、現実に近い感覚を追及しています」とコメントしています。 現在このグローブはプロトタイプの段階で、開発チームはさらにコストを安くし、よりコンパクトな形にデザインできるよう開発を進めています。 進む触感を再現するVR用グローブ VR内のモノを触ったときの感覚を実際に再現するようなグローブの開発は他でも進んでいます。 Dexta Robotics社は手のひら全体の動きをキャプチャーして、手の甲側に伸びたアームで指を引っ張ることによって物に触った時の感覚を再現する外骨格グローブ型デバイス「Dexmo」「Dexmo」を開発しています。 ドイツで開催されたゲームイベントGamescom2016では、熱や電気といった触覚へのフィードバックを実現するVRグローブ「PowerClaw」が紹介されました。 (参考)These Gloves Let You Play Piano in VR—and Feel It https://vrscout.com/news/gloves-play-piano-vr-san-diego/ (英語) MoguraVRはVRscoutとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR

装着の手間が大幅短縮 HTC Vive デラックスオーディオストラップの換装方法

201706111739079000

2017年6月6日にHTC NIPPONからHTC Viveの新たなアクセサリーである「 VIVE デラックス オーディオ ストラップ」の販売が開始されました。 標準のストラップと異なり装着が大幅に簡単になる交換パーツです。 本記事では標準のストラップからの換装方法を紹介していきます。 1,開封 箱手前側にデラックスオーディオストラップ本体が入っています。 内容物はViveデラックスオーディオストラップ本体、説明書、保証書、ベルクロ用ケーブルタイとなっています。 2,HTC Vive本体への換装 まずは標準ストラップの取り外しからです。Viveの文字が真横になるまでバックルを回すとカチッと音がして、外すことができます。 上部カバーを空け、音声ケーブルを取り外します。 デラックスオーディオストラップの装着位置とVive本体の穴の位置を合わせて押し込みます。標準のストラップと異なり回す必要はありませんが、その分少し力をいれる必要があるため注意が必要です。 上部カバーにオーディオストラップのイヤホンを通し、本体のイヤホンジャックに接続します。 デラックスオーディオストラップの右側にあるクリップにPCとの接続ケーブルを固定します。 ベルクロ用ケーブルタイを接続ケーブルを通すようにして、後ろ側のバンドに巻きます。 上部カバーのバンド留めにベルクロバンドを通し、固定して換装は完了です。 換装後は後ろにあるダイヤルを回すことでバンドの長さを調節することができます。標準ストラップでは左右2箇所調整しなければいけなかったのがバンドを回すだけで済むため非常に短い時間で装着することができます。 購入方法 現在Viveデラックスオーディオストラップは以下の店舗から購入することができ、価格は税込12,500円となっています。 HTC Vive公式オンラインストアTSUKUMOオンラインショップドスパラ通販全国のTSUKUMO店頭全国のドスパラ店頭 Mogura VR

【Oculus Rift】6月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

201706110941967000

今週はエアーリズムアクション『Airtone』や和食屋マネジメントシミュレーション『カウンターファイト SE』など、24本の新作コンテンツが配信されました。 今週のピックアップ Airtone 日本発のVR“エアー”リズムアクションゲーム。 アーケードでおなじみの音楽ゲームをVRで体感。リズムに乗って奥から手前に流れるマーカーを、「振る」、「なぞる」、「トリガーを引く」といった操作でキャッチしていきます。 視界中に景色が広がるVRならではの体験で、飛んでいるような感覚でリズムゲームに没入できるのも特長。ルームパートではナビゲートキャラのネオンと触れ合ったり、遊んで貯まる“Rhythm”を集めて楽曲や部屋の装飾、ストーリーを開放していくことができます。 https://www.youtube.com/watch?v=mhFNqU_-jPU 『Airtone』開発:アミューズメントメディア総合学院日本語対応:ありジャンル:エアーリズムアクションOculus Touch:必要価格:2,490円(-16%セール中)評価:星5.0(17件)Oculus Store カウンターファイト SE 料亭の厨房で注文された料理を次々に出していくシミュレーションゲームの「侍エディション」が登場。 本作は江戸を舞台に、丼物や魚料理、お酒など様々な注文にせわしなく応えていきます。料理はそれぞれ調理する必要があり、卵を割ったり、鶏肉に火が通るまで熱したりと、適したアクションで完成させていきます。 泥棒にどんぶりを投げつけたり、子猫に魚を与えると時間の流れが遅くなったり、面白おかしいインタラクティブな遊びが楽しめます。 https://www.youtube.com/watch?v=iF8dKmOPrhc 『カウンターファイト SE』開発:トリコル日本語対応:ありジャンル:和食屋マネジメントシミュレーションOculus Touch:必要価格:790円(-20%セール中)評価:星3.2(3件)Oculus Store Battle Dome オンラインで5vs5のチーム戦を繰り広げるFPSゲーム。 チームの色を広げていく陣取り対戦や相手の陣地を目指すフラッグゲームなど、5種類のモードが選べます。どのモードでも復活は不可能で、SFの世界観でサバイバルゲームが味わえます。 3つの協力モードもあり、ホラー風ステージも用意されています。本作は6月10・11日の週末のみ無料で遊ぶことができます。 『Battle Dome』開発:Bad Bird Studios日本語対応:なしジャンル:マルチプレイFPSOculus Touch:必要価格:1,480円(-40%セール中)評価:非常に好評(427件)Steam Witchblood 横スクロール風のステージを三人称視点で進んでいくアクションアドベンチャー。 主人公の女性は追手から逃げており、暗い森の中を一人さまよいます。豊富な難易度とステージ、40のアップグレードで探索や戦闘、強力な魔法を楽しむことができます。クラシックなビデオゲームとVRを融合させる一つの形を示した作品です。 https://www.youtube.com/watch?v=XNqILUmBWIM 『Witchblood』開発:Hidden Path Entertainment日本語対応:なしジャンル:三人称アクションアドベンチャーOculus Touch:対応価格:790円評価:星4.9(27件)Oculus Store 新作一覧 『Kill All Orcs』/開発:MaestroOfVR/日本語対応:なし/ジャンル:三人称ソードアクション/Oculus Touch:不要/価格:590円/評価:星2.0(1件)/Oculus Store 『The Professor Presents: Got Handles?』/開発:OMD/日本語対応:なし/ジャンル:バスケットボールシミュレーション/Oculus Touch:対応/価格:無料/評価:なし/Oculus Store 『カウンターファイト SE』/開発:トリコル/日本語対応:あり/ジャンル:和食屋マネジメントシミュレーション/Oculus

食事や睡眠のときもVR 外国人カップルが48時間VRデバイスを装着して生活

201706101128051000

VRの体験は2~3時間が大抵ですが、VR体験は何時間連続でできるのでしょうか。そして、VRデバイスを装着しながら生活はできるのでしょうか。 そんな疑問の答えを見つけるため(?)、とある外国人カップルが48時間VRデバイスを装着しながら、食事や睡眠など日常生活を送りました。 VRデバイスを装着しながら2日間生活 今回、48時間GearVRを装着しながら日常生活を送ったのは、Dean JohnsonさんとSarah Jonesさん。 2人は48時間(レコードやトイレをするため、1時間に5分間の休憩あり)、VRデバイスを装着しながら過ごしました。 また、GearVRを装着しながらアクティブな生活を送れるかを試すため、ゴーカートに乗ったり、ウォーキングをしたり、飛行機に乗りながら空中歩行をするなど様々なアクティビティに挑戦しました。(編集注:Gear VRを装着しながら外を見ることのできるシースルーモードを使用したと思われます) 2人は睡眠時もGearVRを装着しました。Johnson氏は「起きた瞬間にVRを見ると、目に入るものすべてが本当に存在するもののように感じました。まるで、旅行先のホテルで目を覚ましたかのような感覚です。」と体験について語りました。 また、Johnson氏は挑戦中にタトゥーも彫りました。VRは痛み緩和の効果があるといわれています。タトゥーを掘っている最中も、GearVRを装着して没入しているJohnson氏の心拍数は落ち着いており、痛みも少なく感じたとのことです。 VR装着時の快適さは向上してきており、今回の挑戦はより着け心地の良いVRデバイス開発のための参考にもなるのではないでしょうか。 https://www.youtube.com/watch?v=qiOahWj_X14 VR長時間連続体験の世界記録とは 今回はVRデバイスを装着しながら2日間日常生活を送るという挑戦が行われました。 一方でVR長時間連続体験のギネス記録もあります。2人のアメリカ人が、Oculus Riftを装着し、50時間スターウォーズがテーマの『Rogue One: Recon – A Star Wars 360 Experience』など様々なVR映画や360度コンテンツを鑑賞しながら50時間連続でVRを体験しました。 そのほか、「25時間連続VRゲームプレイ」という別のギネス記録も存在しています。VRにまつわる「記録」への挑戦は今後も続きそうです。 (参考)This Couple Spent 48 Hours Together Immersed In VR https://uploadvr.com/couple-vr-48-hours/ (英語) Mogura VR