Category Archives: VR JAPAN

8K画質・3D撮影可能な360度カメラ「Insta360 Pro」を開封してみた

中国のVRスタートアップ、Shenzhen Arashi Vision社製のプロフェッショナル向け360度カメラ「Insta360 Pro」がMogura VR編集部に届きましたので、開封の儀を行いたいと思います。 まず、パッケージから。パッケージというよりもケースでした。サイズは大きめですが、片手で持ち運びもできそうです。測ってみたところ「42×30×16(cm)」でした。この中にカメラが入っています。 ケースを開けると、球型のカメラと付属品が。早速カメラを取り出してみます。 カメラには6個の魚眼レンズがあり、球体の本体を一周するように配置されています。専用のレンズカバーも付属していました。高い製品であるのと、レンズの破損などの修理は中国のメーカー対応となる可能性がありますので、カバーでレンズを保護して管理した方が良さそうです。 カメラは思ってたよりも小さい印象。サッカーボールやバレーボールよりは小さく、片手で持てるハンドボールくらいの大きさです。重さは約1.2kgとやや重量感があります。気軽に持ち出すというよりも、撮影用に持っていくという感じでしょうか。プロフェッショナル用なので、そこは仕方がないところです。 カメラ本体の高さは意外とコンパクトでTHETAと比べてもそれほど変わりませんでした。カメラ下部にある台座も取り外し可能で、カメラ本体と台座に三脚を取り付けることができます。 「Insta360 Pro」の付属品は下記の通り。 ・バッテリー ×1個・DCアダプター ×1個・ACケーブル ×1個・LANケーブル ×1個・USB2.0 イーサネットアダプター ×1個・USB Type-Cケーブル ×1個・クイックスタートガイド ×1個・ショルダーストラップ ×1個 こちらに上述したカメラ本体にケース、レンズカバーを加えたものが「Insta360 Pro」の内容です。付属品もそれぞれ写真を見ていきます。 バッテリーは1個が付属しています。バッテリー容量は5,000mAh。オプションでバッテリーを追加で購入もできます。追加のバッテリーの価格は16,200円です。 カメラ本体背面にバッテリーとSDカードのスロットがあります。バッテリーは本体に装着してDCアダプターとACケーブルを使って充電する方式。なおモバイルバッテリーでの給電は未対応とのことです。 撮影は専用のPC/iOSアプリを使い操作します。接続方法は有線と無線(Wi-Fi/ダイレクトWi-Fi)の両方に対応。LANケーブル、USB2.0 イーサネットアダプターは接続用として、USB Type-Cケーブルはデータ転送用として付属されています。 LANケーブルとUSB2.0 イーサネットアダプター。 USB Type-Cケーブル。 ショルダーストラップというものも付属されていました。外箱の段ボールにはケース一式入った状態で約5kgと表示されていたのですが、さすがに5kgを肩に掛けるのは……ケースも硬いので当たると痛そうです。 本体正面にはレンズの間の中心にディスプレイ、電源/設定/リターンボタンが配置されています。また、非常に見ずらいのですが、写真から見てレンズの外側にマイク穴があります。正面と背面の左右にそれぞれ1つずつ、合計4つのマイクが付いていました。 カメラ底面部分の側面にある2つの凹みの箇所には、コネクタがあります。 左からHDMIコネクタ、USB3.0コネクタ、USB Type-Cコネクタ、そしてスピーカー。 左から電源ケーブルコネクタ、LANケーブルコネクタ、3.5mm オーディオ入力コネクタ、そしてリセットピンホール。 実際に「Insta360 Pro」で撮影を行うとすれば、付属されていない三脚や一脚もあった方が便利です(安定性を考慮すると三脚の方が無難かと思われます)。台座だけでも自立することができますが、撮影する場面がテーブルの上などに限定されてしまいます。THETAのように手で持って撮影するのも、重量から考えると辛いものがあります。 Nokiaの「OZO」と比較すると価格面と3D撮影ができる点で優位性が見られる 「Insta360 Pro」のスペックカタログを見ると、最大8K品質の360度静止画/動画、4K3Dの360度静止画/動画、4Kライブストリーミングが可能とのこと。また、通常の360度動画で30fps、3Dの360度動画でも同じく30fpsでの撮影ができるとされていますが、公式サイト(英語)には100fpsの撮影も可能とあります。 100fpsの撮影に関しては、クイックスタートガイドには記載が無く、詳細のチュートリアル(英語)を参考と案内がされていました(チュートリアルには120fpsの撮影が可能なハイスピードモードがあるという記載もありました……)。 これまでにプロフェッショナル向けの360度カメラではNokia製の「OZO」が有名でしたが、国内代理店の三友株式会社による販売価格は550万円と、その高価格な設定からプロフェッショナル用途でも手の出しにくい製品と言えます(株式会社アスクも国内代理店として「OZO」を取り扱っています。こちらは価格は未公表で要問い合わせです)。またその価格の高さを背景として、レンタルサービスも展開されています。このレンタルサービスの料金は約30万円/1日からです。 「Insta360 Pro」は3D撮影ができる点など「OZO」には無い利点もあり(逆に「OZO」で可能な3Dサラウンド収録は「Insta360 Pro」ではできません)、価格的にも45万円と比較的に手を出しやすいプロフェッショナル向けの360度カメラと言えます。現在「Insta360 Pro」は株式会社ハコスコと株式会社アスクで取り扱いがされています。ハコスコからの購入の場合は価格が45万円で入荷時期は問い合わせが必要、アスクの製品ページには2017年7月上旬発売予定と記載がありますが価格については公表されていませんでした。 また、「Optical flow image

中東のTV局アルジャジーラ、難民をテーマにした初のVRドキュメンタリーを制作

ゲームや教育などで活躍するVRですが、ジャーナリズムの分野でもVRの使用が広まっています。 中東カタールに拠点を置く大手メディアのアルジャジーラはロヒンギャ難民問題をテーマにしたVRドキュメンタリー『I Am Rohingya』を制作しました。VRを通してロヒンギャが暮らす難民キャンプの場を体験することができ、難民問題をより深く理解することができます。 難民問題をテーマにしたVRドキュメンタリー カタールに拠点を置く中東地域における大手メディアであるアルジャジーラのVR映像スタジオContrastVRは、ミャンマーからバングラデシュへ避難してきた少数派イスラム教徒ロヒンギャの難民問題をテーマにした『I Am Rohingya』を制作しました。 ロヒンギャの難民キャンプで暮らす女性 Jamalida Begumさんのミャンマーからの避難や難民キャンプでの生活などVRを通して体験することができます。 I Am Rohingya – Trailer from Contrast VR on Vimeo. 『 I Am Rohingya』の制作を務めたZahra Rasool氏は「VRの素晴らしい点はその没入感にあると思います。VRを通してロヒンギャが抱える難民問題の理解をさらに深めることができるのです。」とジャーナリズムにおけるVRの可能性について語りました。 “声のないひとに声を”という考えのもとに生まれたContrastVRの初のVRドキュメンタリー『 I Am Rohingya』は今年中にFacebook360、YouTube360、Samsung VR、Viveport、そしてOculus storeにてリリースされる予定です。 広まるジャーナリズムでのVR 報道機関のVRの使用が徐々に広まっています。 アメリカのCNNは「CNNVR」というプラットフォームを通して、世界中の主要なニュースを360度カメラで撮影して報道するとしており、ニューヨーク・タイムズも360度動画を毎日配信する新サービス「The Daily 360」を昨年スタートしました。 またNHKも「NHK VR」というVRコンテンツの提供を開始しており、パラリンピックメダリスト・山本篤選手の走りをVR体験できる360度動画などを公開しています。 今後もどのような形でVRがジャーナリズムで使われていくか注目です。 (参考)Al Jazeera Debuts First VR Documentary ‘I Am Rohingya’ https://vrscout.com/news/al-jazeera-contrast-vr-first-vr-documentary-rohingya/ (英語) MoguraVRはVRscoutとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR

『ONE PIECE』『DEATH NOTE』がVRに!?「日本キャラVR祭」ロサンゼルスで開催

週刊少年ジャンプなどを発行している出版社の集英社は、7月1日から4日の期間中、米・ロサンゼルスにて開催される「Anime Expo 2017(AX 2017)」の「日本キャラVR祭~Japan Character VR~」において、同社VRチームがVRコンテンツを出展することを発表しました。 AX 2017にて実施される「日本キャラVR祭」は、日本のコンテンツメーカー各社が日本で生まれたキャラクターや作品を、VR技術を通じて全世界のファンへと届け、その魅力を広める活動を目的として行われます。 今回は集英社と大日本印刷が中心となり、日本のVR開発者10団体以上が参加するとのことです。 集英社VRコンテンツは下記の4タイトルを出展します。 集英社VRコンテンツ ワンピースキューブ(Oculus Rift+Touch) 『ONE PIECE』のイラストをVR空間で手にとって鑑賞することができます。麦わら海賊団の一員「チョッパー」の立体パズルも遊べます。 ジャンプキューブ(Oculus Rift+Touch) 5大人気コミックのイラストをVR空間で手にとって鑑賞することができます。『BLEACH』の登場キャラクター「コン」の立体パズルも遊べます。 『DEATH NOTE』VR脱出ゲーム(Gear VR) 『DEATH NOTE』の世界で、体験者は監禁された「ミサ」となり、死神「レム」と協力して地下室が水で満たされる前に脱出を目指すゲームです。 ジャンプ美術館(Gear VR) 人気コミックのイラストをVR空間で鑑賞することができます。最後の部屋では驚きの体験が待っています。 今回出展される「集英社VRコンテンツ」は、7月14日から16日の期間中にイギリス・ロンドンで開催される「HYPER JAPAN Festival 2017」においても出展予定とのことです。 Anime Expo 2017(AX 2017)開催概要 開催日時 2017年7月1日~7月4日 開催場所 ロサンゼルス・コンベンションセンター Webサイト http://www.anime-expo.org なおMoguraVRでは、昨年12月に幕張メッセで開催された「ジャンプフェスタ」にてVRを使用した展示を体験できる「ジャンプミュージアム」での体験レポートを行っています。 (参考)ジャンプVR×日本キャラVR祭-特設サイト Mogura VR

現実で大人たちが「ぐるぐる回る」異様な光景、でもVR内では…?『CLOCK  WALK』体験レポ

VRコンテンツで遊んでいると、VR内でもっと遠くの場所へ、現実で歩くように好きに移動をしてみたいと思うことがあります。 たとえば『無限回廊 – Unlimited Corridor』(以下、Unlimited Corridor)は、円柱に手をつけて周囲を歩き続けることで、VR内で遠くまで歩いているように感じることができる作品。東京大学大学院廣瀬・谷川・鳴海研究室とUnityの簗瀬洋平氏による制作です。 『Unlimited Corridor』に影響を受けて作られたのが、VRコンテンツを多数制作している株式会社ハシラスが制作した『CLOCK  WALK』です。 本作は『Unlimited Corridor』と比べ、より狭い範囲で体験できるようになっています。今回、そんな『CLOCK  WALK』を体験をしてきました。 大人6人でぐるぐる回る異様な光景 『CLOCK  WALK』は円の中心からのびた金属棒に歩行器が付属した、人力で動かす小型のメリーゴーランドのような形状です。 歩行器は全部で6個、最大6人で体験します。歩行器に入りVRヘッドマウントディスプレイを被ると、VR内では、ヘッドホンやコントローラーがどこにあり、どの順番に装着するか説明ビデオが流れ、装着から準備まで1人でもできます。全員の準備が整うと、目の前と後ろに子供のアバターが現れます。右を向くと中心には大きな木。前の人にぶつからない程度の距離をとって歩き出します。 回っていてもまっすぐ歩いている気がする 最初は木の周りをぐるぐると回っていますが、そのうち目の前の子供が円を離れまっすぐ鳥居のある方向に歩きだします。つられて筆者もその後ろの子もまっすぐに鳥居の方へついていきます。感覚としてはまっすぐ歩いているように感じますが、現実では漫画や映画で見るような、奴隷が棒を掴んでぐるぐる回っているような状況なので、傍目には異様な光景に映ります。 VR内ではいくつもの鳥居を抜ける間に、夕方から夜へ、手に持ったコントローラーが懐中電灯となり、光が届かない暗闇には何かが隠れている気がしてきます。トンネルを抜け、森の中の古井戸の脇や、墓場を通過していきます。先頭の子はまっすぐ歩いていきますが、後ろはついてきてるだろうか、と振り返ると……!ここはぜひ、体験してみてください。 体験時間は装着から終わるまで約5分程。歩いた距離は240mとのこと。 コンテンツは肝試しとのことでしたが、今はまだ開発段階のため特に驚かすような演出もなく、暗い森やトンネルを6人で歩き続けるコンテンツです。 どの体験者もVR内では常に2番目になるようになっていますが、前後のアバターの顔の動きや、アバター間の距離は現実で前後にいる人の動きそのままです。 途中で止まったり、動きがゆっくりになったり、不意に先頭の子供が振り返ることもあります。前の人が振り返ったときの「とある演出」は驚きます。完成してさらに怖い演出が加わるのが楽しみです。   Mogura VRさん(@moguravr)がシェアした投稿 – 2017  6月 16 10:32午前 PDT ぐるぐる回ると酔うことも 『CLOCK  WALK』は円の半径は222cm程で、240m歩いたとなると約17周回ることになります。酔いに弱い人にとっては、小さなメリーゴーランドに乗ったり、スイカ割りで一ヶ所でグルグル回るとふらつく状態と似たような状態になることがあります。 まっすぐ歩いている気分ですが、回転しているため、外側に振られるような遠心力を感じることがあり、歩いているとふらつくような違和感を感じます。 また前の人にぶつからないように歩いていても、周囲を見回していると前の人にぶつかったり、後ろの人にぶつけられることもあり、当たれば音と衝撃で没入感が妨げられます。 体がふらついたり、足がつまづいたとしても歩行器に掴まっているため転ぶことがなく安心感があります。また、酔いもぶつかることも、対策は可能とのこと。 パソコンは歩行器についているため、体にはVRヘッドマウントディスプレイとヘッドホンをつけるだけで身軽に体験できます。 取り付けた物をトラッキングするViveトラッカーを歩行器につけて位置をトラッキングしているとのこと、歩きながら周囲を見渡すために頭を動かしても、映像がカクつくこともなくスムーズでした。 VR内を自由に歩きたい VRは現実と変わらないと感じれば感じるほど、現実のように自由にどこまでも移動したいと思えてきます。現実でできてVRでできないことがあると現実ではないと感じ、没入感が削がれます。 VR内で移動をするときに、実際の体の動きとVR内の映像との差があると酔いやすくなります。 実際に歩くことでVR内も歩いたように移動することが酔いにくいことに繋がります。しかし、VR内は広大で、現実のVR体験場所は狭いです。 『Unlimited Corridor』は7m×5mのスペースが必要で、常に円の周囲の壁を触る必要があります。課題はありますが、触る必要がなくスペースが約5m四方の『CLOCK  WALK』は、VR内を長距離歩ける解決策の一つになるかもしれません。 『CLOCK  WALK』は2017年6月28日(水)~6月30日(金)東京ビッグサイトで開催される「コンテンツ東京2017」内 第3回 先端コンテンツ テクノロジー展、株式会社ハシラスブース(ブース番号21-36)にて展示予定です。 Mogura VR

「恵比寿★マスカッツ」水着姿の美女に360度囲まれる!360度ダンスMVが配信開始

アイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」は、1stアルバム「喜怒哀楽」より「バッキャロー」の360度動画ミュージックビデオを動画配信サービス「DMM.com」と「dTV VR」にて配信を開始しました。 恵比寿★マスカッツは、テレビ東京の深夜バラエティ「おねがい!マスカット」から生まれた、セクシー女優やグラビアアイドル、モデルといった多業種のタレントで構成されたアイドルグループです。 https://www.youtube.com/watch?v=cnvalNLzUCs 同グループの1stアルバム「喜怒愛楽」に含まれる「バッキャロー」のショートサイズMVを動画配信サービスYoutubeで公開したところ、3日間で約10,000再生を記録しました。今回配信されるフルサイズMVでは、VRゴーグルを装着することで360度見回しながら楽しむことができます。 本MVでは、ショートサイズMVに含まれていない「水着姿でのダンスシーン」が収録されており、恵比寿★マスカッツのメンバーに360度囲まれながら曲を楽しめる内容となっています。 https://www.youtube.com/watch?v=I7lW0XnsREA 配信情報 「バッキャロー(360°VR ver.)」 DMM.com DMM.com-【VR】バッキャロー dTV パソコンはコチラ、スマートフォンはコチラ (参考)ニュースリリース Mogura VR

PSVRで遊んでみよう!体験会情報・地域別まとめ(2017年6月以降)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 4用のVRデバイス「PlayStation VR(PSVR)」を試遊できる体験会を、特定のお店にて実施しています。 6月19日、PSVR公式サイトにて体験会を実施する店舗リストが追加発表されたので、今回の記事にて紹介します。 なお、ソニーストアの直営店舗(銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神)での体験会については、6月24日(土)、6月25日(日)の予約は埋まっていますが、キャンセル状況次第ではまだチャンスがあるとのこと。加えて6月26日(月)10時より、7月1日(土)~7月30日(日)の期間の土曜日、日曜日に実施する「特別体験会&販売」の予約が開始されます。 発表に合わせて、PSVRの最新タイトルを紹介する映像「PlayStation VR ラインナップ紹介トレーラー」も公開中されています。 https://www.youtube.com/watch?v=hGLqLAxHyes 現在、PSVRの販売取扱店舗は232店舗から394店舗に拡大されています。先日行われたゲームの見本市「E3」では新作タイトルも発表され、今後の展開にも注目したいところです。 参考記事:高まっていくクオリティ E3で体験したPSVRのゲームを一挙レポート 体験会を行う店舗は下記のとおりです。詳細については、各店舗ごとへ問い合わせることで確認できるようです。 体験会を行う店舗一覧 北海道 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島 茨城 / 栃木 / 群馬 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川 新潟 / 富山 / 石川 / 福井 / 山梨 / 長野/ 静岡 / 愛知三重 / 滋賀