Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

This Flexible Thermoelectric Skin Has Made Me a Believer in Thermal Haptics

Korea-based TEGway is developing ThermoReal, a thermoelectric array which can generate heat and cold with impressively low latency. The flexible nature of ThermoReal could make it suitable for integration into VR controllers, More »

 

Valve’s SteamVR Knuckles Controllers Revealed In Setup Guide

Valve keeps revealing more of its new Knuckles controllers for SteamVR in the most unexpected of ways. Earlier this week we saw a virtual prototype for the kit within SteamVR Home, and now a setup guide has revealed even more information. A quick start guide for these new controllers has just surfaced online, letting developers

Valve Reveals More Detail on ‘Knuckles’ Motion Controllers

Valve has lifted the veil somewhat on its Knuckles controllers, first revealed as a prototype last October at the company’s annual Steam Dev Days conference. In a blog post today, Valve showed off some specs of the Knuckles dev kit alongside a button-map of the device, revealing the controllers will have multiple capacitive sensors to allow

HTC Vive、アメリカでは家電量販店や小売店のオンライン販売に拡大

HTCは、ウォールマートやベストバイでのオンライン販売を拡大することを発表しました。 HTC Viveのオンライン販売の拡大 HTC社はウォールマートやベストバイなどのオンラインショッピングサイトでの販売を拡大することを発表しました。 オンラインでの価格に変更はないとのことです。 HTC社の副代表Dan O’Brien氏は公式ブログにて「HTC Viveを含むHTC社の製品はウォールマートやベストバイなどのオンラインショッピングを通してさらに販売を伸ばすつもりです。オンライン販売を拡大することでさらに多くのお客様にHTC Viveを届けることができると思います」とコメントしています。 また、現在新しくHTC Viveを購入した人に対して、人気SFシリーズ『スター・トレック』のVRゲーム『Star Trek Bridge Crew』が無料で利用できるようになるサービスも行われています。 『Star Trek: Bridge Crew』は4人同時にプレイできるゲームで、連合軍の宇宙船「Aegis」に乗車するパイロットとなりって宇宙を冒険することができます。 (参考)HTC Expands Vive Sales Online To Best Buy, Walmart And Othershttps://uploadvr.com/htc-online-sales-best-buy-walmart/ (英語) HTC 公式ブログ https://blog.vive.com/us/2017/06/19/htc-vive-dials-up-retail-expansion-across-bestbuy-com-and-other-online-retailers/ Mogura VR

【PSVR】『サマーレッスン』新作が発売 アリソンと神社レッスンやスイカ割り!DLC内容なども公開

バンダイナムコエンターテインメントは、Playstation VR(PS VR)専用タイトル『サマーレッスン』の新作『アリソン・スノウ 七日間の庭』のダウンロードコンテンツと追加コンテンツの情報を公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=2JicmQ8aD1M 『サマーレッスン』は、VR内で女性キャラクターとコミュニケーションを楽しむことができる「癒やし」をテーマとした「VRキャラクター体験」コンテンツです。 先日、MoguraVRは『サマーレッスン:アリソン・スノウ 七日間の庭』の「デラックス版特典&早期購入特典」について紹介しました。 今回の情報公開では「追加体験パック」と「衣装&シチュエーション シリーズ」のDLCが明らかになりました。 DLC「追加体験パック」 アリソン・スノウ 夏空の歌声 『アリソン・スノウ 夏空の歌声』は、日本文化を学ぶ一環として、アリソンと共に神社の見学に出かけることに。一通り見学をした後、アリソンが得意なギターを間近で演奏してくれるという内容です。 縁側の国際交流 『縁側の国際交流』では、アリソンが近所の人に英語を教えてくれるよう頼まれ、あなたに授業用のクイズの実験台になってほしいと頼まれることになります。 本体験パックには、上で紹介したイベントのほかにも、それぞれさらに1つずつ追加のイベントが収録されており、さらに追加の服装も用意されているとのことです。価格は各1,490円(税込)。 衣装&シチュエーション エクストラシーン 応援編 アリソンがホームステイしている家は、アメリカで知り合った日本人の友人宅。その友達が学生時代に入っていたチアリーダー部の衣装が実家に置きっぱなしなっている存在を知ったアリソンは……。 エクストラシーン スイカ割り編 近所からスイカをもらったとアリソンから電話を受けるあなた。日本文化の1つとしてスイカ割りをアリソンに教えてあげることになります。 「衣装&シチュエーション」DLCはキャラクター連携に対応しており、『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』および『サマーレッスン:宮本ひかり コレクション』でも同じ衣装が利用可能とのこと。価格は各1,180円(税込)。 追加コンテンツ4つと特典テーマが収録された「デラックス版」 『サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版』は、今回紹介した4つのDLCと本編がセットになっています。 デラックス版には、アリソンのSDキャラクターが歩き回るアニメーション付きPlayStation 4テーマが特典として収録されています。BGMはPVで使用されている主題歌「Here I Am」のアレンジバージョンです。 デラックス版特典は『サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版』を予約購入者、および配信後の購入者が対象となります。また、『サマーレッスン:アリソン・スノウ DLCセットパス』(後日配信される4つの追加コンテンツがセットになったパス)の購入でも入手可能です。 『サマーレッスン:アリソン・スノウ 七日間の庭(基本ゲームパック)』および『サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版』は現在PlayStation Storeで配信中です。 製品情報 製品名 ・サマーレッスン:アリソン・スノウ 七日間の庭(基本ゲームパック)・サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版( 「七日間の庭」追加コンテンツ4点を含む) 対応プラットフォーム PlayStation VR 発売日 2017年6月22日 価格 ・基本ゲームパック

8K画質・3D撮影可能な360度カメラ「Insta360 Pro」を開封してみた

中国のVRスタートアップ、Shenzhen Arashi Vision社製のプロフェッショナル向け360度カメラ「Insta360 Pro」がMogura VR編集部に届きましたので、開封の儀を行いたいと思います。 まず、パッケージから。パッケージというよりもケースでした。サイズは大きめですが、片手で持ち運びもできそうです。測ってみたところ「42×30×16(cm)」でした。この中にカメラが入っています。 ケースを開けると、球型のカメラと付属品が。早速カメラを取り出してみます。 カメラには6個の魚眼レンズがあり、球体の本体を一周するように配置されています。専用のレンズカバーも付属していました。高い製品であるのと、レンズの破損などの修理は中国のメーカー対応となる可能性がありますので、カバーでレンズを保護して管理した方が良さそうです。 カメラは思ってたよりも小さい印象。サッカーボールやバレーボールよりは小さく、片手で持てるハンドボールくらいの大きさです。重さは約1.2kgとやや重量感があります。気軽に持ち出すというよりも、撮影用に持っていくという感じでしょうか。プロフェッショナル用なので、そこは仕方がないところです。 カメラ本体の高さは意外とコンパクトでTHETAと比べてもそれほど変わりませんでした。カメラ下部にある台座も取り外し可能で、カメラ本体と台座に三脚を取り付けることができます。 「Insta360 Pro」の付属品は下記の通り。 ・バッテリー ×1個・DCアダプター ×1個・ACケーブル ×1個・LANケーブル ×1個・USB2.0 イーサネットアダプター ×1個・USB Type-Cケーブル ×1個・クイックスタートガイド ×1個・ショルダーストラップ ×1個 こちらに上述したカメラ本体にケース、レンズカバーを加えたものが「Insta360 Pro」の内容です。付属品もそれぞれ写真を見ていきます。 バッテリーは1個が付属しています。バッテリー容量は5,000mAh。オプションでバッテリーを追加で購入もできます。追加のバッテリーの価格は16,200円です。 カメラ本体背面にバッテリーとSDカードのスロットがあります。バッテリーは本体に装着してDCアダプターとACケーブルを使って充電する方式。なおモバイルバッテリーでの給電は未対応とのことです。 撮影は専用のPC/iOSアプリを使い操作します。接続方法は有線と無線(Wi-Fi/ダイレクトWi-Fi)の両方に対応。LANケーブル、USB2.0 イーサネットアダプターは接続用として、USB Type-Cケーブルはデータ転送用として付属されています。 LANケーブルとUSB2.0 イーサネットアダプター。 USB Type-Cケーブル。 ショルダーストラップというものも付属されていました。外箱の段ボールにはケース一式入った状態で約5kgと表示されていたのですが、さすがに5kgを肩に掛けるのは……ケースも硬いので当たると痛そうです。 本体正面にはレンズの間の中心にディスプレイ、電源/設定/リターンボタンが配置されています。また、非常に見ずらいのですが、写真から見てレンズの外側にマイク穴があります。正面と背面の左右にそれぞれ1つずつ、合計4つのマイクが付いていました。 カメラ底面部分の側面にある2つの凹みの箇所には、コネクタがあります。 左からHDMIコネクタ、USB3.0コネクタ、USB Type-Cコネクタ、そしてスピーカー。 左から電源ケーブルコネクタ、LANケーブルコネクタ、3.5mm オーディオ入力コネクタ、そしてリセットピンホール。 実際に「Insta360 Pro」で撮影を行うとすれば、付属されていない三脚や一脚もあった方が便利です(安定性を考慮すると三脚の方が無難かと思われます)。台座だけでも自立することができますが、撮影する場面がテーブルの上などに限定されてしまいます。THETAのように手で持って撮影するのも、重量から考えると辛いものがあります。 Nokiaの「OZO」と比較すると価格面と3D撮影ができる点で優位性が見られる 「Insta360 Pro」のスペックカタログを見ると、最大8K品質の360度静止画/動画、4K3Dの360度静止画/動画、4Kライブストリーミングが可能とのこと。また、通常の360度動画で30fps、3Dの360度動画でも同じく30fpsでの撮影ができるとされていますが、公式サイト(英語)には100fpsの撮影も可能とあります。 100fpsの撮影に関しては、クイックスタートガイドには記載が無く、詳細のチュートリアル(英語)を参考と案内がされていました(チュートリアルには120fpsの撮影が可能なハイスピードモードがあるという記載もありました……)。 これまでにプロフェッショナル向けの360度カメラではNokia製の「OZO」が有名でしたが、国内代理店の三友株式会社による販売価格は550万円と、その高価格な設定からプロフェッショナル用途でも手の出しにくい製品と言えます(株式会社アスクも国内代理店として「OZO」を取り扱っています。こちらは価格は未公表で要問い合わせです)。またその価格の高さを背景として、レンタルサービスも展開されています。このレンタルサービスの料金は約30万円/1日からです。 「Insta360 Pro」は3D撮影ができる点など「OZO」には無い利点もあり(逆に「OZO」で可能な3Dサラウンド収録は「Insta360 Pro」ではできません)、価格的にも45万円と比較的に手を出しやすいプロフェッショナル向けの360度カメラと言えます。現在「Insta360 Pro」は株式会社ハコスコと株式会社アスクで取り扱いがされています。ハコスコからの購入の場合は価格が45万円で入荷時期は問い合わせが必要、アスクの製品ページには2017年7月上旬発売予定と記載がありますが価格については公表されていませんでした。 また、「Optical flow image

中東のTV局アルジャジーラ、難民をテーマにした初のVRドキュメンタリーを制作

ゲームや教育などで活躍するVRですが、ジャーナリズムの分野でもVRの使用が広まっています。 中東カタールに拠点を置く大手メディアのアルジャジーラはロヒンギャ難民問題をテーマにしたVRドキュメンタリー『I Am Rohingya』を制作しました。VRを通してロヒンギャが暮らす難民キャンプの場を体験することができ、難民問題をより深く理解することができます。 難民問題をテーマにしたVRドキュメンタリー カタールに拠点を置く中東地域における大手メディアであるアルジャジーラのVR映像スタジオContrastVRは、ミャンマーからバングラデシュへ避難してきた少数派イスラム教徒ロヒンギャの難民問題をテーマにした『I Am Rohingya』を制作しました。 ロヒンギャの難民キャンプで暮らす女性 Jamalida Begumさんのミャンマーからの避難や難民キャンプでの生活などVRを通して体験することができます。 I Am Rohingya – Trailer from Contrast VR on Vimeo. 『 I Am Rohingya』の制作を務めたZahra Rasool氏は「VRの素晴らしい点はその没入感にあると思います。VRを通してロヒンギャが抱える難民問題の理解をさらに深めることができるのです。」とジャーナリズムにおけるVRの可能性について語りました。 “声のないひとに声を”という考えのもとに生まれたContrastVRの初のVRドキュメンタリー『 I Am Rohingya』は今年中にFacebook360、YouTube360、Samsung VR、Viveport、そしてOculus storeにてリリースされる予定です。 広まるジャーナリズムでのVR 報道機関のVRの使用が徐々に広まっています。 アメリカのCNNは「CNNVR」というプラットフォームを通して、世界中の主要なニュースを360度カメラで撮影して報道するとしており、ニューヨーク・タイムズも360度動画を毎日配信する新サービス「The Daily 360」を昨年スタートしました。 またNHKも「NHK VR」というVRコンテンツの提供を開始しており、パラリンピックメダリスト・山本篤選手の走りをVR体験できる360度動画などを公開しています。 今後もどのような形でVRがジャーナリズムで使われていくか注目です。 (参考)Al Jazeera Debuts First VR Documentary ‘I Am Rohingya’ https://vrscout.com/news/al-jazeera-contrast-vr-first-vr-documentary-rohingya/ (英語) MoguraVRはVRscoutとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR