Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

This Flexible Thermoelectric Skin Has Made Me a Believer in Thermal Haptics

Korea-based TEGway is developing ThermoReal, a thermoelectric array which can generate heat and cold with impressively low latency. The flexible nature of ThermoReal could make it suitable for integration into VR controllers, More »

 

Sony’s New PSVR Trailer Recaps Big E3 2017 Announcements

Skyrim-VR-PSVR-3-16x9-1

PlayStation VR (PSVR) easily had the best showing of any headset at E3 last week, though that’s more down to the absence of the Oculus Rift and HTC Vive than it is anything else. Still, there were some big announcements for the headset, which are recapped in the trailer below. Yesterday Sony posted this sizzle

ジェットコースターに乗って海中探検 フロリダの水族館でVRコースター

201706211017749000

フロリダ州・オーランドにあるテーマパーク型水族館SeaWorldにて、古代生物が泳ぐ海の世界を体験できるVRジェットコースター「クラーケン」が発表されました。 ジェットコースターに乗って海の世界を探検 絶叫マシンとVR体験の組み合わせは、米Six Flagsを始め世界中のテーマパークで提供され始めています。今回発表されたのは、水族館とテーマパークが併設されたSeaWorldならではの海中探検VRコースター『Kraken』です。 https://www.youtube.com/watch?v=SIUsmYjpZ8Q 体験時には、消毒済みのVRヘッドセットが座席にある安全バーの袋に備え付けられ、被った先には深海ステーションが広がります。全員の準備が終わった後、VR空間のジェットコースターは施設の底から海の中へと飛び込んでいきます。 ジェットコースターの動きに合わせて縦横無尽に海中を進んでいき、時には巨大な生物の眼の前まで迫ることも。狭い岩肌の隙間をすり抜け、美しいサンゴや海底火山の広がる中、たくさんの古代生物たちと遭遇していきます。 目まぐるしい海の旅の中で、あなたは伝説の都市アトランティスや、船乗りたちに語り継がれてきた恐怖の巨大生物クラーケンと出会うかもしれません。 VR未経験者へのアテンドに注力 SeaWorldのパーク・エンターテインメントデザイン副代表であるBrian Morrow氏は、「SeaWorldの最初のVRコースター『Kraken』で、私たちは来場者にに新しいものを提供したいと考えました。独自のデジタルオーバーレイを作成し、シームレスかつユニークな旅を実現しています」と説明します。 SeaWorld Orlandoの副社長であるBryan Nadeau氏によると、VRに慣れていない来場者を案内するシンプルなシステムを提供することは、VRコースターを検討する際の重要な議論の一つだったと言います。 Nadeau氏は、「私たちが注力したことの一つは、来場者がライドに来てからヘッドセットを装着するまでのサポートです。多くのお客様はVRヘッドセットを初めて見ると考えられ、何を、どのようにつけるべきかなどを分かりやすく教える必要がありました」と語ります。 「その一つとして、待機エリアの巨大モニターにて、ヘッドセットの装着、清掃と消毒、快適な体験のための調整方法などを伝える映像を流しています」 今後も続々と登場するであろうVRを利用したテーマパークライド。コンテンツの内容だけでなく、体験者への適切なサポートなど、VR未経験者にも参加しやすい体験づくりが重要になっていくかもしれません。日本では大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンが昨年よりVRコースターを展開し、ノウハウを蓄積しています。 (参考)VR Scout / SeaWorld Unleashes New ‘Kraken’ VR Roller Coaster(英語)https://vrscout.com/news/seaworld-kraken-vr-roller-coaster/ Mogura VRはVR Scoutとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR

画面の中から女性が…!あの名作ホラー映画を「HoloLens」で再現した動画が公開

201706211240975000

私たちがよく目にする画面(モニター)は、仮想と現実の壁の役割をしています。もし、この壁が無かったとしたらバーチャルな世界とリアルな世界を自由に行き来できるかもしれません。 マイクロソフト社が開発したMRデバイス「HoloLens」は、装着することで現実世界に映像を重ね、仮想の対象物が本当に実在するかのように表すことが可能となっています。 今回、モニターをの向こう側の対象物が、現実世界に飛び出てくるかのような様子を収めた動画が公開されました。 HoloLensで貞子ができる pic.twitter.com/TpUwvzrF4v — Yu Hata (@yhworld) 2017年6月16日 https://www.youtube.com/watch?v=pkppx6DrKZ4 画面内からじりじりと女性が寄ってきて・・・ ぬるりと画面を乗り越えてこちら側の世界へ・・・ 開発者は、株式会社デザイニウムのYu Hata氏(@yhworld)。HoloLensを通してモニター内に映っている女性が現実空間に出てきているかのような映像を見ることができます。 まさにあの名作ホラー映画のワンシーンのようですが、今回使用されているモデルはサイズが小さく、普通の女性の風貌なので、ホラーが苦手な人でも安心ですね。 本アプリの仕組みは、HoloLensの位置をPCに把握させ、体験者の動きに合わせてに反応するようにしてコンテンツを動かしているとのことです。 スクリーンから豚さんがいっぱい。ごめんなさい。 pic.twitter.com/ZsZKNMYyFO — Yu Hata (@yhworld) 2017年6月19日 またYu Hata氏は、画面内の豚がモニターの外に出ることで次々と加工食品へと変化されていく動画なども公開しました。今後もどういった使い方が生まれるかに注目ですね。 なおHoloLensを活用した取り組みは、「現実世界を音楽ゲームの空間」に変えるエンターテインメント的な楽しみ方や、「中学理科の壁である磁場を可視化」させるといった教育の分野でも行われています。 Mogura VR

第二次世界大戦期のイギリス軍艦「HMS Cavalie」を360度バーチャルツアー体験

201706211508934000

Wargaming社が運営するオンライン海戦ストラテジーゲーム「World of Warships(WoWs)」は、イギリス・ロンドンにある造船所「Chatham Historic Dockyard」協力のもと、360度動画「VR 体験: HMS Cavalier」プロジェクトの発表をしました。 本プロジェクトは、第二次世界大戦で使用された最後のイギリス海軍C級駆逐艦HMS Cavalierをグーグル社がリリースしているギャラリーアプリ『Google Arts & Culture』のプラットフォームを使用することで、360度見回しながら歩けるバーチャルツアーが体験できます。 https://www.youtube.com/watch?v=cypnxvsl0N0 今回のバーチャルツアーでは、司会のダン・スノー氏とWargamingのミリタリースペシャリスト、リチャード・カットランド氏の案内のもと、「機械室や作戦室」といった普段見ることができないような部屋を見たり、機器の解説を聞いたりすることができます。 作戦室は本艦の目と耳であり、神経中枢でもあります。第二次世界大戦中は、ソナーとレーダーの情報を統合する「戦闘情報質」と呼ばれていました。 本艦に搭載されている最高9.5マイルの射程距離を持つ「A砲」は、Cavalier元搭乗員であり作家のバリー・ネール氏の解説とともに眺めることができます。こうした歴史的な戦艦や当時の話を360度動画を通して見ることで、実際に現地に行ったような体験ができるのは嬉しいですね。 なお360度動画を活用した観光は、株式会社360Channelが提供している360度動画配信サービス「360Channel」にて、国の重要無形民俗文化財である、秋田県「男鹿のナマハゲ」なども行われています。 (参考)VR 体験: HMS Cavalier Mogura VR

ISID、VRを活用した「3D車両モデル共有システム」をトヨタ自動車向けに開発

201706211717548000

株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、トヨタ自動車株式会社向けに、VR技術を用いて遠隔地間で3D車両情報を共有するシステムのプロトタイプの開発を発表しました。 今回発表されたシステムは、離れた複数の拠点にいるユーザーがヘッドマウントディスプレイを装着することで、VR空間上に配置した実物大の車両モデルを共有し、コミュニケーションを図ることができます。 本システムには、3Dゲーム開発プラットフォームの「Unity」とオンラインゲームなどで使用されるネットワークエンジン「Photon」を利用しており、遠隔地間のリアルな3D車両情報の共有環境を実現させています。 自動車業界では、新車の市場投入などに際して、その特長や構造を分かりやすく関係者に共有するための教育を重要なテーマとしており、グローバルかつ多数の拠点を対象とした教育には、多大なコストと時間がかかってしまいます。 そこで、トヨタ自動車とISIDは本システムを開発し、車両に搭載された新しい技術をVRを用いて体験することで、商品への理解を深めてサービスの向上を目指すとのことです。 本システムは、2017年6月21日から23日に東京ビッグサイトで開催される「3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」で展示されます。両社は今後、今回開発したプロトタイプをベースに、ユーザーの意見や要望を集めてさらなる改善を図り、2017年度中にトヨタの複数拠点において実証試験を行う計画とのこと。 出展の概要 イベント名 第25回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR) 主催 リード エグジビション ジャパン株式会社 日時 2017年6月21日(水)~23日(金) 10:00-18:00 〔23日(金)のみ17:00終了〕 会場 東京ビッグサイト 東京都江東区有明3丁目11−1 展示ブース 株式会社クレッセント 展示ブース(小間番号東1ホール 45-30) 本イベントの詳細は、こちらのページから見ることができます。 (参考)ニュースリリース Mogura VR

VR/ARヘッドセットは2021年に1億台突破へ

201706211706229000

VR(仮想現実)とAR(拡張現実)は勢いを増し続けています。アメリカの市場調査会社であるIDC(International Data Corporation)による予測では、ARおよびVRヘッドセットは2016年の1000万台から非常に早いペースで成長し、2021年には1億台となり、5年で57.7%の成長が見込まれるとのことです。 IDC Worldwide AR / VRヘッドセットトラッカーによる2016年から2021年における世界のARおよびVRヘッドセットの出荷と割合、および年平均成長率の表とグラフは以下の通りになります。 製品カテゴリ 区分 2016年出荷数 2016年割合 2021年出荷数 2021年割合 年平均成長率 VR ビジネス 1,838,109 19.9% 18,141,736 27.0% 58.1% VR 消費者 7,399,329 80.1% 48,963,827 73.0% 45.9% VR 総計 9,237,434 100.0% 67,105,563 100.0% 48.7% AR ビジネス 110,512 68.0% 20,454,138 83.3% 184.1% AR 消費者 51,946 32.0% 4,114,598 16.7% 139.7% AR総計 162,4589 100.0% 24,568,736 100.0%