Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

This Flexible Thermoelectric Skin Has Made Me a Believer in Thermal Haptics

Korea-based TEGway is developing ThermoReal, a thermoelectric array which can generate heat and cold with impressively low latency. The flexible nature of ThermoReal could make it suitable for integration into VR controllers, More »

 

VRアトラクションが街にやってくる!「Galaxyキャラバンカー」福岡にて期間限定で実施

201706191429365000

エンターテイメントパーク施設「Galaxy Studio」を運営するモバイルブランドのGalaxyは、VRアトラクションを体験できる「Galaxyキャラバンカー」を2017年6月17日から25日の期間中、福岡にて実施します。 サムスンが手がけるモバイルブランドGalaxyは、6月8日より発売を開始した同社の新モデル「Galaxy S8/S8+」の発売を記念して日本全国20ヶ所以上で「Galaxy Studio」を開催していくことを発表しました。 今回、6月17日より福岡県福岡市中央区にある天神イムズ「イムズスクエア」にて実施されるGalaxyキャラバンカーでは、SF映画の世界に入り込んだような体験ができる『スペースシップ』と、アマゾンの奥地さながらの自然の中でボートに乗り、疾走感を味わえる『リバーボート』を画面と連動して動く4Dチェアで体験することができます。 360度撮影ができる子ども向けコンテンツ『フラワー360』も Galaxy Studio(キャラバンカー型)福岡・開催概要 場所 天神イムズ 1Fイムズスクエア 福岡県福岡市中央区天神1−7−11 期間 2017年6月17日から25日 時間 10:00から20 00: 内容 ①ジェットコースター体験②『スペースシップ』、『リバーボート』体験③Galaxy S8|S8+ タッチ&トライ④Galaxy Cafe⑤Flower360⑥Galaxy Feel タッチ&トライ なおMoguraVRでは、東京・渋谷にて2017年5月26日から7月3日までの期間限定で開催されいている「Galaxy Studio Tokyo」にて体験レポートを行っています。アクロバティック飛行を体験できる『VR PULSAR』や、カヤック型の椅子に座り川下りをする『VR KAYAK』などを体験しました。 (参考)プレスリリース Mogura VR

デルの新型PCの実力とは?新製品説明会をレポート

201706191417001000

デル株式会社は6月9日、コンシューマー向け新PCの説明会を開催しました。当日はコンシューマー事業の新製品について説明がなされたほか、AMDのアジア太平洋地域のコンシューマー担当ディレクターも登壇、発表が行われました。 最初に登壇した渡邊義成氏はDELL常務執行役員でビジネス&コンシューマー事業統括本部長です。渡邊氏はあいさつののち、「この発表会では3つの機種、New Inspiron 27 7000 フレームレスデスクトップ、New Inspiron 24 5000 フレームレスデスクトップ、そしてNew Inspironゲーミングデスクトップを紹介」することを告げました。 つづいてレイモンド・ワー氏による新製品の紹介がはじまりました。ワー氏は台北を拠点にDELLの全世界のコンシューマーおよびスモールビジネス向け事業を率いる、シニア・バイプレジデント兼ジェネラル・マネージャーです。 「みなさまこんにちは。本日はご来場いただきましてまことにありがとうございます。皆様の中にはDELLの業績が気になっている方もいらっしゃると思いますので、2017年の第一四半期の数字をこちらにまとめました」 イノベーションをユーザーに提供するDELL グローバル全体でのPCの出荷は960万台。昨年からの伸び率は6.2%。市場全体での伸び率0.8%を大幅に上回っており、非常に勢いのある第一四半期になっています。2016年のコンシューマーPCでの成長を振り返ってみても、市場全体ではマイナス10%だったのに対して、DELLはプラス1.9%の伸びでした。 「マーケットが伸び悩むなか、DELLはなぜ成長できたのでしょうか。それはもっともすぐれたイノベーションをお客様に提供することにフォーカスしているからです」とワー氏は言います。 DELLテクノロジーという新会社への投資は45億ドル。その投資のかなりの割合をPCに割いているとのことです。 Inspiron15 GamingはCOMPUTEX 2017でゴールドアワードを受賞しています。 ワー氏の話題は新シリーズを開発した経緯に移ります。 「我々の調査によって、デスクトップPCを主体として仕事をしている人は11億人にのぼること、そしてユーザーがPCを買い換えるのは、パフォーマンスがもっと欲しいからということが分かっています」とワー氏。 しかしデスクトップPCはデュアルコア(コア2つ)やクアッドコア(コア4つ)が主流で、イノベーションはしばらく停滞していました。 「DELL社においてもっとパフォーマンスを出せる製品の開発を考えていた頃、ちょうどいいタイミングでAMDさんから話があり、今までのコア数を上回るものを出せると言われました。AMDさんの新しいプロセッサの方向性と弊社のやりたいことが一致していたのです」。そして両社のパートナーシップによってInspiron新シリーズが開発されるに至ったとのことです。 ところでPCゲーミングの市場規模は年間20億ドルという驚異的なペースで伸びています。VR市場を見るなら、2020年までのアクティブVRユーザーは2億1600万人に到達するという予想もあります。ワー氏は「VRのパフォーマンスを最大限に活かすためにはPC側のパフォーマンスも求められます」と言います。 隅々まで配慮が行き届いた設計の、New Inspiron 27 7000 「ここで紹介したいのがInspiron 27 7000です」 製品の特徴としてはフレームレスディスプレイを搭載したこと。フレームレスディスプレイはノートパソコンXPS 13 2-in-1で提供しており、それをデスクトップの環境でも採用して欲しいという声に応えての登場です。 フレームレスディスプレイは従来のものと比べると没入感が高まっています。また、デスクトップのCPUは業界で初めての8コアAMD Ryzenプロセッサーを搭載。グラフィックスにはAMD Polaris RX500シリーズの最新のものを搭載しているとのことです。「これだけのパワーが詰まった製品ですので、VRもすぐに快適な状態で楽しんでいただけます。着目していただきたいのはVR用のポートの配置で、ケーブルなどが引っかからないように、すっきりと最適な設計となっています」とワー氏は語ります。 なお、現在発売されている「New Inspiron 27 7000」の4モデルに関しては、GPUは全て「Radeon RX560」搭載となっており、VR対応とはいえない構成となっていますが、VR対応とされる上位モデルにはRadeon RX 580が搭載され、7月発売予定とのことです。 New Inspiron 24 5000 フレームレスデスクトップ ワー氏によると、New Inspiron 24 5000フレームレスデスクトップには最新の第7世代AMDプロセッサーを採用しているとのことです。「Inspiron 27 7000ほどではありませんが、小型でありながら十分なパフォーマンスを得られますし、こちらもユーザーの希望に応え、ビデオ視聴が快適になるようフレームレスディスプレイを採用しています」とワー氏。 こちらの機種の特徴には、「SmartByte」があるとのことです。ビデオを見る際に思考が途切れることなくスムーズに見ることができるよう、SmartByteはビデオ・ストリーミング・トラフィックを最優先にして、それ以外のネットワークは邪魔にならないように最適化します。 

中学理科の壁「磁場」を可視化!HoloLensを活用した試みが公開

201706191813338000

人にはそれぞれ、好きなものと苦手なものが存在します。それは勉強の分野においても同じことが言えます。例えば、分かりやすいから勉強しやすい科目。目で見ることができなかったり、頭の中でイメージしにくいから苦手といった科目があると思います。 今回、現実世界に映像を重ねることで目の前に可視化させ、映像を手で操作することができるMRデバイス「HoloLens」を使用した、今までとは違う「見え方」を体験できる試みが行われました。 中学生がつまづきやすい「場」の概念。「何もないのに?」というわけで、このアプリではHoloLensの力を借りて電場を可視化します。体験者が磁石を手に持って動かせるようにしました。HoloMagnet2。よろしくお願いします。 pic.twitter.com/MYh2mnZCVk — 植田 Feel Physics (@feelphysicsjp) 2017年6月18日 ※動画は「磁場」のもの 『HoloMagnet2』は「磁場を可視化」できるアプリとなっています。通常、砂鉄などを用いて表していた磁力線をHoloLensを活用することで可視化させ、机の上で行っていた実験から空中へと移し、360度自由に動かしながら磁場を目で見ることができるアプリです。 本アプリの動画を公開したのは、HoloLensを用いた物理学習アプリの制作を行っている植田氏(@feelphysicsjp)。『HoloMagnet2』の制作者である植田氏にお話を伺いました。 植田氏によると『HoloMagnet2』は、一辺30センチの立方形の中に約200個(6×6×6)のコンパスを5センチ間隔で配置しているとのこと。体験者が持つ物体をARマーカーで認識させることで、HoloLensが物体を棒磁石だと解釈して計算する仕組みです。物体を動かすことで、周りのコンパスが棒磁石と同じように反応を示します。 開発の経緯についてお聞きしたところ、植田氏は京都大学を卒業後10年間、中学や高校で理科や物理を教える教師として働いていたそうです。その際に「(磁場や電場といった)理科や物理では、目に見えない概念的なものが多く、途中で諦めていってしまう生徒たちを見るのが辛かった」と感じていたとのこと。 そんな経験を経て、植田氏は教師を辞めて3年前からITを活用した教材の開発に取り掛かっています。開発を進める中、HoloLensを見た瞬間に「電磁気の授業に使える」と思い「ITと教育が分かる自分がやらなければならない」と感じたことが、本アプリの生まれるきっかけになったとのことです。 本アプリは今後、「電流と磁界」の問題に対応したアプリを制作し、2017年11月から、実際に中学校へ導入して効果検証を予定しているとのこと。 従来とは違った新しい学習方法を体験することで、苦手だと感じていたものが楽しいと感じることができれば、勉強に対する姿勢が変わっていくかもしれませんね。 https://www.youtube.com/watch?v=y2oW3Yok69k Mogura VR

VRヘッドセット小型軽量化への期待 4KでOculusやViveより3倍薄いプロトタイプを体験

201706191811683000

有機ELディスプレイなどを製造するKopin社は、新たに4K解像度の有機ELマイクロディスプレイ「Lightning」を発表し、同ディスプレイを搭載したVRヘッドセットのプロトタイプを発表しています。このプロトタイプは現在発売されているVRヘッドセットよりも軽量かつコンパクトで同程度の範囲が見える視野角110度(対角)を実現しています。Road To VRの記者が実際に触る機会があり、レポートが公開されました。 Kopin社の開発する有機ELマイクロディスプレイ「Lightning」 Kopin社はディスプレイの製造メーカーとして1984年に創業しました。近年、VR業界の急激な成長に合わせるため、VRヘッドセット向け専用ディスプレイを製造するロードマップが公開されています。VRヘッドセット向けのマイクロディスプレイはとても小さく、画素密度が高く、高リフレッシュレートを備えようとしています。 Kopin社がVR向けに位置づけているマイクロディスプレイであるLightningは、解像度が2048x2048ピクセル、リフレッシュレートが120Hzで動作する1インチサイズのディスプレイです。Oculus RiftとHTC Viveは片眼1080x1200ピクセルのディスプレイを使用しているため、Lightningディスプレイはピクセル数が3.2倍、リフレッシュレートも各ヘッドセットの90Hzより高速です。 マイクロディスプレイを使用する利点 一般的に、VRヘッドセットに搭載するディスプレイは小さくなることによって、焦点距離を短くできます。市販のコンシューマ用VRヘッドセットは、おおよそ同じくらいの大きさなのは、光の物理的な性質のため、ディスプレイから出た光がレンズを通って装着者の網膜で焦点を合わすためにレンズからディスプレイまで一定の距離を必要としているためです。従って、単純に小さくすることは難しいです。もし、でディスプレイ自身がより小さくなれば、より短い焦点距離で設計できるため、ディスプレイがレンズから遠くにある必要はなくなり、よりコンパクトなヘッドセットになる可能性があります。 プロトタイプVRヘッドセットの印象 Kopin社は中国のODM企業であるGoertek(ゴアテック)と共同でLightningディスプレイを内蔵したVRヘッドセットのプロトタイプを開発しています(下写真)。今回体験したこのプロトタイプは信じられないほどコンパクトかつ軽量にできています。E3 2017でプロトタイプを試着する機会がありましたが、残念ながら動作はしていませんでした。従って、サイズ感や装着時の感想を中心に述べていきます。 左からHTC Vive、Kopinプロトタイプ、Oculus Rift。 OculusやViveと比較すると、トラッキング機構がプロトタイプにはないことを考慮しても圧倒的にサイズが小さいことが分かります。印象としては、スキーゴーグルのサイズ、重量に一番近いです。軽いため頭の上部用のトップストラップは必要なく、頭の後ろに回す柔らかいストラップが一つあれば十分頭に固定できます。外装は薄くて非常に軽量のプラスチックでできていますが、耐久性は未知数なため、ユーザーの実際の仕様に耐えられるほどの耐久性があるかは不明です。 奥行きも短くなったことで、ヘッドセットにかかる力点がより顔に近づきました。これも装着したときの快適性が向上している要因の一つです。 小さいディスプレイを作ろうとするサムスン、大きなマイクロディスプレイを作ろうとするKopin VR向けのディスプレイには2種類のアプローチが取り組まれています。サムスンが進めているような、現在のディスプレイの小型化というアプローチを比べ、Kopinは小型のマイクロディスプレイを大型化するアプローチで取り組んでいます。 Kopinは、片眼2インチのディスプレイが最もVRに適していると主張しています。現在のRiftやViveは、比較的大きなディスプレイを使用していますが、そのサイズを2インチまで小さくしながらピクセル数を維持して高密度なディスプレイを作ることが課題の一つになっています。また、現在Kopin社が開発している1インチのマイクロディスプレイは信じられないほど薄く、緻密なピクセルを持つことがメリットですが、2インチにするとそれらが大きく、重くなってしまうことが問題です。 マイクロディスプレイの製造プロセスはコンピューター用プロセッサなどの作成方法と同様に、シリコンウェハー上に微細なパターンをエッチングして製造します。このプロセスは高度な技術、高額な設備を必要とし、大規模に製造して収益をあげる必要があります。 高倍率レンズのため、実際の見え方の検証が必要 マイクロディスプレイで没入できるような視野を得るためには大きな倍率のレンズが必要です。現在のLightningディスプレイは、デュアルエレメントフレネルレンズを使用して最大110度(対角)の視野角を実現できるとしています。また、3M社と協力して視野角100度を実現するさらに小さな「パンケーキ」光学系を開発しています。 レンズによって拡大を行うと歪んだ表示を補正する必要がありますが、高倍率なため歪みもかなりあると思われ一筋縄ではいかないと考えられます。そのため、実際に表示された画面を見ないと、この光学系がVRヘッドセットに適しているかの判断はつかないという状況です。 今後のロードマップ Kopinはパートナー企業と共同で新しいマイクロディスプレイを製造できる施設を建設するため、1億500万ドルの投資を行ったと述べました。新しい施設が完成する数年後は、1.3インチで3072×3072ディスプレイ、それに続いて1.37インチの4096×4069ディスプレイの製造を予定しています。 Kopin社はマイクロディスプレイを大型化しようとしていますが、現在のヘッドセットのようなサイズまで大きくすると同じような光学系の問題に悩まされてしまいます。一方、サムスンのような伝統的な有機ELディスプレイメーカーはディスプレイを小さくすることに取り組んでおり、スイートスポットを見つけるため各ディスプレイメーカーの取り組みが進んでいます。 (参考)Kopin’s Prototype VR Headset is Incredibly Thin & Light, More Than 3x the Pixels of Rift and Vive – (英語)http://www.roadtovr.com/kopin-prototype-vr-headset-lightning-microdisplay/ MoguraVRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR

HTC Teases More AAA VR Content on the Way

frank-bethesda-vr-341x220

One of the biggest VR stories at E3 2017 was that Bethesda’s Fallout 4 (2015), Doom (2016), and Skyrim (2011) are all coming to VR this year. VR gamers have been hungry for AAA content and it while Bethesda’s announcement is a great step in that direction, HTC says you can expect more on the way.

OtherLife review – virtual reality goes bad in ambitious Australian sci-fi thriller

Ben C Lucas’s innovative rumination on the pitfalls of technology has Hollywood appeal and features a darkly charismatic performance from Jessica De Gouw It is not uncommon for films about drug users to contain closeup shots of pupils dilating. This is hardly surprising given closeups of eyes have long been fashionable in cinema; the famous