VR could get resolutions so high they’ll trick the human eye this year

I am standing in a virtual living room rendered via Unity. Except I am seeing things I never have before in VR. There is a virtual television on the wall to my More »

Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

 

America’s Got Talent Contestants Light Up The Porch – With a Live Performance by Diavolo, and a Crash Course in 360 Filmmaking by Radiant Images

2017-06-26-下午4.45.40

America’s Got Talent Contestants Light Up The Porch – With a Live Performance by Diavolo, and a Crash Course in 360 Filmmaking by Radiant Images On Thursday, June 29, an electrifying dance performance from America’s Got Talent contestants Diavolo: Architecture in Motion will be captured from center stage with the industry-leading 360 VR camera, the Nokia

VRで手を動かすために SteamVRの新コントローラー「Knuckles」は5本の指を認識

201706251110372000

手をVRの中で自由に動かすための試みが続いています。 PC向けのVRヘッドセットであるHTC ViveやOculus Riftではそれぞれハンドコントローラーにより、手のトラッキングが可能になりました。Oculus Rift用のOculus Touchコントローラーでは、親指、人差し指など一部の指の開閉もトラッキングしています。 Valve社は開発中のPC向けVRヘッドセットコントローラーの詳細を公開しました。「Knuckles」と呼ばれているこのコントローラーを使うことでVRで手を動かすだけでなく、5本全ての指を動かすことも可能になります。 PC向けヘッドセットであるHTC Viveのモーションコントローラーと同様で、Lighthouseベースステーションによって位置がトラッキングされます。Valveはプロトタイプの「Knuckles」の設計したところ、手を開いた状態で使用できるという点で、これまでのコントローラーよりも優れたコントローラーとして提供をできるとしています。 Valveは「Knuckles」の使用中に、ユーザーが手を放すことができることができるようになり、バーチャル・オブジェクトを掴んだ後、自然に投げることなどができるようになるとしています。 すでに開発者版を手に入れた開発者が公開した動画 https://www.youtube.com/watch?v=kovhtH3r9o0 オープンハンドコントローラーによる指の検出 「Knuckles」は、”オープンハンドコントローラー”として、数多くの静電容量式センサーを搭載することで、VRで現実と連動した手の表示を可能にします。このセンサーは、コントローラーの随所に配置されており、ボタンやコントローラーの特定の部分に指を置いたときに感知することで、ユーザーの手の状態を検出することができます。同じPC向けVRコントローラーであるOculus Touchのセンサーと同様の仕組みです。 HTC Viveのコントローラーでは、タッチパッド部分に触れているかどうか、裏のトリガーボタンを押しているかどうかで指の動きをトラッキングすることができましたが、「Knuckles」の静電容量式センサーは、トリガー、外ボタン、内ボタン、およびシステムボタンを含む各物理ボタンの下に設置されているほか、コントローラーのグリップには静電容量式センサーが配置されています。この静電容量式センサーの配置によって、ユーザーの指の位置がどこにあるかを把握することができます。 この方式は”完全な”指のトラッキングを可能にするものではありませんが、現時点での指のトラッキング方法としてはかなり正確に計算できます。「Knuckles」では指をグリップの周りに巻き付けたり、ボタンに各指を置くことができるようなコントローラーの設計になっています。 また、Oculus Touchと異なる点として、薬指、小指にもセンサーが用意されているため、Oculus Touchで不可能であった、薬指、小指の個別トラッキングが可能です。 Valveは、この「Knuckles」を使用しVRでバーチャルな手を表示するときには、手の動きがスムーズになるようななんらかの処理を使用することを開発者たちに推奨しています。 また、「Knuckles」には、コントローラをぴったり合わせ、片手で離すことができる便利な”ストラップ締めシステム”もあります。 現状の指トラッキングの問題点 ただし、Valveは「現在の状態では、指の動きが校正されていない状態で操作された場合、指のトラッキング性能が”非常に悪い”状態になってしまいます。そのため、指のトラッキングを校正する必要があり、リリースの前に変更する必要がある。」と述べています。また「これらの問題は開発キットにのみ必要となる一時的な解決策でなければならない」ともしています。 開発者キットは現在、HTC Viveのコントローラー及びトラッカーと同じくマイクロUSBコネクタによって充電します。 Valveは一部の開発者に対して数量限定で「Knuckles」の開発者版を提供している模様です。 (参考)Valve Reveals More Detail on ‘Knuckles’ Motion Controllersー(英語)http://www.roadtovr.com/valve-reveals-detail-knuckles-motion-controllers/ Mogura VR

「人の記憶に入り込む」Ubisoftとイライジャ・ウッドの新作VRサスペンスを特別体験

201706251110143000

6月中旬に開催されたE3のUbisoftブースでは、新作VRコンテンツの『TRANSFERENCE』を特別体験することができました。本記事ではプレイレポートをお伝えします。 記憶を行き来しながら進む謎解きホラー 『TRANSFERENCE』はUbisoftと俳優であるイライジャ・ウッド氏が参加する制作スタジオSpectreVisionが共同で開発しているサイコな雰囲気のホラーゲームです。配信予定のプラットフォームはPC、Oculus、HTC vive、PlayStation VR(PSVR)、XboxOneとしており、VR向けだけではなく通常ゲームとしても発売するとのことで、2018年春に発売予定で国内発売は未定です。 ある人物の記憶を追体験するストーリーとなっており、年代別の記憶世界を行き来しながら記憶の謎を解き、真実を突き止め脱出するという形式の謎解きホラーゲームです。 https://www.youtube.com/watch?v=Gjw1DHJWhTA 「移動」と「掴む」だけのシンプルで直感的な操作 コンテンツの撮影は不可とのことで、文章のみでのレポートなります。 今回のデモでは、ゲーム本編に登場するステージを体験できました。1ステージクリアまでは約10数分というプレイ時間でしたが、ある程度スムーズにプレイできたクリアできた時間となり、終了後にOculus Riftをはずしても一緒に体験をスタートした他の体験者はまだプレイ中という状況でした。 OculusRiftとTouchを使って着座での体験でした。移動方式はアナログスティックを使ったフリームーブとトリガー押し込みでの視点回転を組み合わせた方式でした。視点回転はぐるっと360度回転する方式と数十度ごと視点を移動させていく方式の2パターン方法を選択出来るようになっており、酔いやすいVRゲームに対する気遣いを感じられました。 移動以外の操作としてはつかむ動作のみとなります。 一軒家を歩きながら、時代を行き来して謎を解く ステージとなる暗めの一軒家を移動しながら部屋を探索し、アイテムなど情報を集めるというアドベンチャーゲームのようなスタイルで進行します。同じ一軒家を舞台に、複数の時代をいったりきたりしながら、真相を突き止めていきます。ステージは1階部分の複数部屋と地下室という構成になってました。鍵を探し出して閉まっているドアを開ける、アイテムを持ったまま別の時代の部屋に移動して特定の場所に置くなどといった謎解き要素をクリアして進んでいきます。 歩いていると突然、時代が変わり、暗め緑や紫のカラーエフェクトが全体的にかかります。別の時代へ移動したことが雰囲気でわかると同時に、不気味な雰囲気を醸し出していました。 ほかにも、開いている扉が勝手にしまったり、子供の影がいきなり現れて走り去っていったりといった恐怖演出が含まれていました。しかし、びっくり系の演出やグロテスクな表現はあまりなく、関係者から事前に聴いていた、「ホラーというよりサスペンスに近い」という話が理解出来ました。 幾つかの謎を解くと真実への扉へ向かうというような別空間に転送され最後のシーンへ。そこで事件の真相が明かされたところで体験終了となりました。 Ubisoftはさらに他にもタイトルを開発中 『TRANSFERENCE』は、「人の記憶に入り込む」というVRコンテンツにするにふさわしいテーマを扱っています。また、視点変更への気遣いなど、これまでも何作品もVRゲームを作ってきたUbisoftのVRコンテンツに対する意欲を感じられたデモ体験となりました。他家族をテーマにしたステージなど幾つか用意を進めているとのことで、コンテンツボリュームにも期待がもてます。 E3 2017でUbisoftは、『TRANSFERENCE』以外にもVRゲームとしてはマルチプレイのスペースシューティング『Space Junkies』も発表しています。 最後に、Ubisoftの関係者による追加情報として、まだ詳しくは発表できないという前提でUbisoftとして新作VRタイトルの開発も検討を進めているとのこと。『TRANSFERENCE』を始め今後の続報にも期待したいところです。 Mogura VR

【レビュー】音ゲーは“体感”する時代へ VRリズムアクション『Airtone』

201706251729776000

6月に配信されたばかりのVRゲーム『Airtone』(エアトーン)を体験しました。『Airtone』は、Oculus Rift/HTC Vive対応。「エアーリズムアクション」という新ジャンルのゲームです。 『Airtone』は、開発にゲームエンジンのUnreal Engine 4(UE4)を採用。UE4専門の制作を手がける株式会社ヒストリアを筆頭に、音楽制作は株式会社ノイジークロークと、アミューズメントメディア総合学院の音楽事業部AMG MUSICが担当しています。キャラクターデザインは株式会社ポリゴン・ピクチュアズ森山佑樹氏。そして販売元は AMG Games です。 操作説明動画 https://www.youtube.com/watch?v=9OiSniv8dfM 音ゲーとVRの良さ、いいとこ取り 『Airtone』は、いわゆる「音ゲー」です。主に「楽曲・世界観・達成感」が面白さのポイントでした。 楽曲は、ずばり、音ゲーの命!『Airtone』は、EDM寄りの楽曲が多くアップテンポによって気持ちが高まります。しっとりと心に響く曲もあり、全25曲とバリエーションが豊富です。続いて世界観ですが、プレイヤーはメインキャラクターの女の子ネオンの相棒のロボットとなって、“リズム”を集めていくというもの。ネオンのデザインはネーミングの通り、ネオンサインの配色が多く近未来的でカッコイイ。 そして、達成感。ゲームによるフィードバックが、音楽とプレイヤーをより一体化させます。リズムに合わせて操作できると「シャンッ」と音がなったり、プレイ後のスコア画面でキャラクターからコメントをもらえるのが嬉しいです。 上記3つを、『Airtone』では、バーチャル空間に自分が存在することで、同時に味わうことができます。限られた視野、限られたボタンで遊ぶ従来の音ゲーとはまったく異なる体験ができるのも、VRならではです。 飽きさせない工夫 VRのゲームというと、トータル2,3時間のプレイで終わってしまうということもありますが、『Airtone』は、飽きさせない工夫が散りばめられています。 リズムアクションゲームパート 「練習したら上達できそう」。ゲームセンターで音ゲーをやって、このように感じた方も少なくないはず。 『Airtone』は現在、全25曲それぞれにBASIC・MEDIUM・HARDの難易度設定があり、初心者から熟練者まで遊べる内容です。(さらに今後DLCの楽曲追加も予定しているとのこと。)筆者はBASICモードで高得点を出せたので、試しにHARDモードに挑戦してみると、スピードが速すぎて一心不乱に手を動かしても、驚くくらいBADの連続でした(笑) 走り抜ける爽快感がたまらなくて、すぐリトライしたくなります。 ルームパート 美少女メインキャラクター”ネオン”の部屋が魅力的です。この部屋は、リズムアクションゲームへ進める、いわばリビングルームです。 ネオンとのコミュニケーション等、ストーリを進めていくと内装が増えます。ジュークボックスから音楽が流れていたり(ネオンがDJになって選曲)、トロフィーでゲームの実績をみたり、銃のようなおもちゃを持ってコントローラーのトリガーを引くとノーツ(ゲーム中に流れてくるマーカーのこと)が無限に打てる遊び要素もあります。 他にもこの世界の地図や、歴史資料、時代背景を知るアイテムがより一層『Airtone』の世界に引き込ませてくれます。 現実の時計と同期しており、昼と夜で外の景色が変わります。細部までかなり作り込まれていて没入感が半端ないです。 プレイ動画 筆者は恥ずかしながら、あまりにもはしゃぎすぎて、服のボタンがとれました。(動画ではカットしています) それくらい楽しかったです。今後、VR体験レポート動画等もあげていくので、チャンネル登録をお願いします。 https://www.youtube.com/watch?v=bC8Ss7pn3SY 製品情報 タイトル 『Airtone(エアトーン)』 ジャンル エアーリズムアクション パブリッシャー AMG GAMES デベロッパー 株式会社ヒストリア 対応 Oculus Rift / HTC Vive ダウンロード価格 2,990円(Oculus Store)/2,980円(Steam) 公式サイト http://airtone-vr.com 公式Twitter https://twitter.com/Airtone_VR

【Oculus Rift】6月第4週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

201706251746829000

今週は『The Mage’s Tale』や『Deadly Hunter VR』など、15本の新作コンテンツが配信されました。 今週のピックアップ The Mage’s Tale 魔法使いとなって、数多くのダンジョンや難解なパズルを解き進めていくアクションアドベンチャー。 10のダンジョンにはモンスターやトラップが待ち構えており、プレイヤーは元素の力を操ってそれらを退けていきます。魔法の素を集め、炎の玉や氷の槍、雷の刃といった何百ものスペルを作り出すこともできます。 https://www.youtube.com/watch?v=2l5EYJ97ZpI 『The Mage’s Tale』開発:inXile entertainment日本語対応:なしジャンル:魔法アクションアドベンチャーOculus Touch:必要価格:3,990円評価:4.8(77件)Oculus Store Deadly Hunter VR オークの群れを撃退し、要塞を制圧していくwave型防衛シューティング。 モンスターはそれぞれ弱点を持っており、強力なトラップを駆使して戦うことができます。20種類以上のシーン、様々なチャレンジ項目、100以上のアップグレードとゲームプレイも豊富。マルチプレイヤーモードも今後実装予定です。 『Deadly Hunter VR』開発:Leiting Interactive日本語対応:なしジャンル:一人称waveディフェンスOculus Touch:必要価格:無料評価:非常に好評(57件)Steam Disassembled 未来のゲームショーを舞台に、ロボットたちを撃墜していくディフェンスシューティング。 拠点では様々な銃を開放したり、敵対するロボットを分析して弱点を調べることができます。本作は、複数のセンサーを利用した360度トラッキングに対応しています。 https://www.youtube.com/watch?v=lu6b7TuRgtU 『Disassembled』開発:Reversed Interactive日本語対応:なしジャンル:SFwaveシューティングOculus Touch:必要価格:1,490円(-33%セール中)評価:4.3(7件)Oculus Store 新作一覧 『Darts VR』/開発:The Awesome Game Studio/日本語対応:なし/ジャンル:ダーツシミュレーション/Oculus Touch:必要/価格:990円/評価:なし/Oculus Store 『The Mage’s Tale』/開発:inXile entertainment/日本語対応:なし/ジャンル:魔法アクションアドベンチャー/Oculus Touch:必要/価格:3990円/評価:4.8(77件)/Oculus Store 『Disassembled』/開発:Reversed Interactive/日本語対応:なし/ジャンル:SFwaveシューティング/Oculus Touch:必要/価格:1490円(-33%セール中)/評価:4.3(7件)/Oculus Store 『Be

女の子の匂いも再現できるVAQSO 匂いVR制作のサービス展開へ

201706251729840000

VRでヘッドマウントディスプレイを使って視覚や聴覚は再現されつつあります。より没入感があり、その場にいる感覚を得るためには、その他の感覚が再現されるに越したことはありません。手の動きや物に触れたときの触覚などに取り組む企業が多くありますが、今回は匂い・嗅覚の再現に挑む日本企業の取組紹介します。 「VAQSO VR」はVRの映像に合わせて、現在は3種類の匂いを出すことができるデバイスです。コンパクトなためどのVRヘッドマウントディスプレイとも装着することができ、視覚、聴覚に合わせて嗅覚のVRを加えることでより没入感の高い体験ができるのではと注目を集めています。 2017年6月22日VRコンテンツに匂いを出すためのデバイス「VAQSO VR」のVAQSO Inc.は、早稲田大学を発祥とする大学系ベンチャーキャピタル ウエルインベストメント株式会社より総額約60万ドル(6,400万円)の資金調達を実施したことを発表しました。 今回の記事はその発表会の模様を中心にお伝えします。 「VAQSO VR」量産化へ VAQSO Inc. CEO 川口健太郎氏からは資金調達により、2018年冬リリースに向けた「VAQSO VR」量産化と、プロモーションのための各展示会への出展費用になるとのこと。 出資を行ったウエルインベストメント株式会社菊池氏によると、五感を刺激する中で、視覚・聴覚は完成に近く、味覚は時間がまだかかると考えられます。触覚は大手など各社が取り組んでいてスタートアップが参入するには難しそうであるが、嗅覚ならばスタートアップが参入して成功する可能性がありそうとの判断から今回の資金調達を決めた、と話していました。 『匂いVR制作(仮)』のサービス開始 さらに、VAQSOは2017年6月22日から法人向け匂いを使ったVRコンテンツ制作サービス『匂いVR制作(仮)』を開始することを発表しました。 「VAQSO VR」の発表以来、国内外のメーカーや広告代理店から問い合わせが多くあったため、サービス化を開始するとのこと。サービスの内容は ・「VAQSO VR」デバイス及びAPIの貸出・クライアントの希望する匂いの開発・VRコンテンツ制作がパッケージ化されたサービス・施策期間 数日~1週間クライアント側でVRコンテンツを制作する場合は、匂いの開発・「VAQSO VR」デバイスとAPIの貸出のみも可能とのこと。 「VAQSO VR」とすでにコラボレーションしているVRコンテンツを3つ紹介がありました。 シーンで匂いが違う、女性と手つなぎデートの360度映像 株式会社AOI Pro. 体験設計部 部長 クリエイティブディレクター 吉澤貴幸氏 映像制作で知られるAOI Pro.と「VAQSO VR」がコラボレーションしたVRコンテンツ『WONDERFUL WORLD VR Private Tour』は、女の子と手を繋いだまま自然の中をデートする360度映像です。 見たことのない場所をVRで見ることで「ドキドキする」「実際に行ってみたい」という感情を刺激することを目的にしたコンテンツとのこと。 『WONDERFUL WORLD VR Private Tour』は森の中、暗いトンネル、そしてトンネルを抜けた先の3ヶ所を手を繋いだまま巡ります。場所ごとにVRヘッドマウントディスプレイにつけた「VAQSO VR」から違った匂いが出ることによって没入感を高める仕組みです。 6月28日~6月30日東京ビッグサイトで開催される『コンテンツ東京2017 第3回先端コンテンツテクノロジー展』(以下、先端コンテンツ展)株式会社AOI Pro. ブース(ブース番号:19-28)にて出展します。 森の中で緑の匂いがする 先端コンテンツ展に先駆けて『WONDERFUL WORLD VR Private