VR could get resolutions so high they’ll trick the human eye this year

I am standing in a virtual living room rendered via Unity. Except I am seeing things I never have before in VR. There is a virtual television on the wall to my More »

Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

 

開発者向けイベントOculus Connect 4、今年は10月11日から開催

201706261003296000

Oculusが開催する年に一度の開発者向けカンファレンスOculus Connectが、2017年10月11、12日にサンノゼ・コンベンションセンターにて開催されることが発表されました。 年に一度のVR開発者会議 Oculus Connectは、Oculusが主催する年に一回のVR開発者向けカンファレンスです。2017年は10月前年と同様カリフォルニア・サンノゼにて、10月11日より2日間かけて行われます。 カンファレンスでは例年、同社の展開するVRデバイスOculus RiftやGear VR、その他ハードウェアやソフトウェアに関する多くの新発表、またVRの今後の展望などが語られてきました。 昨年のOculus Connect 3では、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が語るVRの展望や、一体型VRデバイスの発表、Oculus Touchの詳細発表などが注目されていました。 またそれ以外にも様々な開発者、クリエイターやパイオニアたちを招き、知見を共有するセッションやデモ展示などが行われています。 参加方法や登壇者、セッションのテーマといったカンファレンスの詳細は、今後数ヶ月で随時公開予定です。 関連:Oculus Connect 3基調講演で発表されたことまとめ (参考)Oculus Blog / Save the Date: Oculus Connect 4 Comes to San Jose October 11 – 12(英語)https://www.oculus.com/blog/save-the-date-oculus-connect-4-comes-to-san-jose-october-11-12/ Mogura VR

日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #66

201706261005888000

国産オーガニック青汁「Green Green」、畑の360度動画を公開 https://www.youtube.com/watch?v=c5y4yqArxdw 化粧品製造・販売や健康食品関連事業を手がけるハリウッド株式会社は、同社販売の国産有機青汁「Green Green」の360度動画配信を発表しました。同製品の原料、大麦若葉「赤神力」を生産する大分県国東半島の畑の様子を楽しむことのできる動画となっています。健康食品業界初の試みとのこと。生産過程や品質など付加価値が重視される分野だけに、VRのマーケティング活用事例として注目したいニュースです。 プレスリリース: 業界初!国産オーガニック青汁「Green Green」の畑 360度ビュー動画を公開 | PR Times LIFE STYLE、360Channelと共同で「VR勉強セミナー」開催を発表 VR関連事業を手がけるLIFE STYLE株式会社は、株式会社360Channelと共同でVR勉強セミナーの開催を発表しました。「VRで何かしたい!」といった、エンドユーザー向けイベントとなっており、参加費は無料。講演第3部では、「どこにVRが使うわれるのか」をテーマに、観光や不動産業界での用途、事例の紹介が予定されています。 プレスリリース: 6/28(水)無料セミナー開催。VRを活用したい企業様必見 ~VR発注3つの基礎知識~ 野村不動産、VRを活用した高層ビル入居企業向け防災啓発イベントを開催 大手不動産デベロッパーとして知られる野村不動産株式会社は、株式会社理経と共同で、入居企業向け体験型防災啓発イベントの開催を発表しました。理経の開発する「避難VR体験システム」ほか、「Jアラートのサイレン音試聴」など、「体験」がテーマの防災啓発イベントとなっています。高層ビルの入居テナント向け防災イベントとしては日本初のVR活用事例となっており、防災分野でのVR活用事例として注目したいニュースです。 プレスリリース: 日本初 高層ビルにてVRを活用した体験型防災イベント実施 | PR Times MLBのテーマパーク型イベント「MLB ROADSHOW 2017」の開催が発表、ホームランのVR体験も MLB(メジャーリーグベースボール)の日本法人エム・エル・ビー・ジャパン株式会社は、MLBのベースボールテーマパーク「MLB ROADSHOW 2017」の開催を発表しました。同イベントは、アジア、南米、ヨーロッパなど世界中で展開されており、MLBの「凄さ、面白さ」を体験することのできるテーマパーク型イベントとなっています。バッティング体験をはじめとして、投球の正確性を競う「デルタピッチングケージ」、TVでお馴染みの「ストラックアウト」など、多彩なアトラクションが特徴。また、ボールパークの様子や、ホームランダービーを体験することのできるVRコーナー設置も予定されています。 プレスリリース: MLBを体感できるベースボールテーマパーク「MLB ROADSHOW 2017」がバージョンアップし横浜初開催! | PR Times 長崎ハウステンボスが渋谷に進出、クリーク・アンド・リバー社「IDEALENS K2+」の使用を発表 VR関連事業や、クリエーターエージェンシー事業を手がける株式会社クリーク・アンド・リバー社は、6月24日オープン予定のVRアトラクション施設「シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス」向けに、同社販売のスタンドアロン(一体型)HMD「IDEALENS K2+」、およびコンテンツの提供を発表しました。恋愛シミュレーションVR「迫りくる愛のささやき」、ホラー体験VR「VR心霊百物語」といった、既に長崎ハウステンボスにて人気の高いコンテンツの提供が予定されています。VRの活用に積極的な長崎ハウステンボスが、遂に渋谷に進出。気軽にVRを楽しむことのできる「VRテーマパーク」業界の動向としても注目が集まっています。 プレスリリース: ハウステンボス東京・渋谷のVR施設に最新VR・HMD「IDEALENS K2+」とVRコンテンツを提供 | PR Times なお、本記事は各社のプレスリリース等を参考に執筆しています。VR関連のプレスリリースがある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。 Mogura VR

視力1.0のVR世界 70メガピクセルで実現する超高解像度のVR

201706261144266000

フィンランドのVarjo社は「Human-Eye Resolution技術」を用いたVRヘッドセットを開発しています。そのプロトタイプのデモを米メディアVRscoutの記者が体験しました。 このVRヘッドセットは、驚くほど解像度が高くエンタープライズ市場に向けて今年の後半に発売を開始する予定です。以下は、体験した際のレポートとCEOへのインタビューをまとめています。 目指すのは現行世代の1.2メガピクセルを大幅に更新する70メガピクセル Varjo社はフィンランドのヘルシンキに拠点を置くスタートアップ企業です。同社はVRやMRといったいわゆるXR分野向けに画素数が70メガピクセルのディスプレイシステムを開発しています。これは現在市販されているOculus RiftやHTC Viveの約1.2メガピクセルと比べると圧倒的な高解像度ディスプレイです。チームメンバーの出身はマイクロソフト、インテル、NVIDIAやノキアといった会社から集まっており、8ヶ月前から独自の技術を開発し「20/20」と呼ばれるプロジェクトに取り組んでいます。(20/20は欧米で視力の程度を表わす表記、20/20は視力1.0と同じ。) 視力1.0のVR世界とは VRの視界が視力1.0で見えるというのは、かなりの臨場感を持ってVRを体験することを意味します。たとえば、部屋のカーペットはふわふわした質感まで感じることができたり、木々に実っている実の形状まで認識できるでしょう。また、現在のVR環境における大きな不満の1つはVRでテキストを読もうとすると解像度が低く難しいことですが、それらも楽に見ることができるのがVarjoの20/20ディスプレイシステムです。 Foveated Rendering(中心窩レンダリング)でリアルタイム処理を目指す このような驚異的な解像度を持つシステムの課題は、いかに遅延を出さず、リアルタイム性を維持する程度に計算処理を抑えるかです。チームメンバーはこの問題を解決するために、人間の視界は視野全体で常に高解像度で見るわけではないという特性を利用しました。具体的には中心の約2度の範囲を高解像度とし、周辺は解像度を現在のVRヘッドセットと同等レベルに落としました。Varjoのディスプレイは視線をトラッキングしたFoveated Rendering(中心窩レンダリング)を使用しています。その結果、現在VR向けに使われているPCの処理能力があればこのディスプレイシステムを使用できます。 XR空間の没入感を上げるためには視覚的な忠実度を現実と遜色ないレベルに上げる必要がある VarjoのCEO兼創業者であるUrho Konttori氏は、XR空間の解像度を上げる必要性について以下のように述べています。 「現実をシミュレートするためにXRを使用する場合、視覚的の現実に対する忠実度が最も重要です。忠実度が人間の目で見て差が無いレベルに上がるまで体験者はまるでそこにいるかのように体験することはできないでしょう。」 Konttori氏によると、もし現実をXRによって置き換えたい場合、現在市販されているヘッドセットでは解像度が低いという問題から、忠実度が低く、置き換えは難しいと述べています。 「今日のVRの解像度は人の眼に例えれば、裸眼での運転ができない解像度になっています。VRの中で、教室の後ろの方に座って黒板の文字を読むことを想像してください。これがインテリアデザイナーだとしたら、部屋の奥の方のテクスチャを確認することと同様の状況ですが、現在のVRではその実現は難しいです。車のデザイナーも美しい輪郭を見たいと思っているはずです。また、車の屋根の反射を明確に見たかったり、異なる視点から反射を見たいと思うでしょう。また、(VRでデスクトップ環境を再現する)バーチャルデスクトップを見たいと思うなら解像度は本当に必要なものです。」「3Dでは、デザインコンセプトは全く新しい意味を持ちます。それらは単純に平面にUXやUIが表示されているだけではありません。3D空間は、我々が生活している空間であり、相互に作用しています。従って、その中ではっきりと見ることができるというのは、解像度のちょっとしたアップデートではありません。人が創造力を働かせるためのベースラインと捉えています。クリエイティブなツールは、VRにおいて最も高い可能性を見いだしています。VRネイティブのデザイナーが将来誕生したとき、全く新しい見方で建物をデザインするでしょう。あなたは、それらを建築する際にデザインの中に住むことができます。この変化はクリエイティブなプロセスを意味します。」 当初はエンタープライズ向けに2017年Q4に出荷予定 Varjoの最初の製品はハイエンドのエンタープライズ市場向けヘッドセットで、高精度の組み立てや共同作業が必要な企業を支援することを目的としています。今年の第4四半期の終わりに正式な出荷を行う予定であり、これから数ヶ月以内にβ版に入る予定です。従って、Varjoはまず独立系のソフトウェアベンダー(ISV)や、建築、デザイン、シミュレーション/トレーニングといった視覚的な忠実度の必要性が高い企業と提携する予定です。 Konttori氏は最初にエンタープライズ市場に参入することに関して以下のように述べています。「現在のVRシステムでデザインをしていると、今後より解像度の高いシステムが登場してUXのパラダイム変化が起きればデザインのやり直しといったことが発生します。Varjoのシステムで最初から最後までデザインすれば、2年ごとにヘッドセットの解像度が上がるごとにデザインし直すといった必要はなくなります。私たちは、各企業が正しい目標に向かって設計を進めるのを支援したいと考えています。」 具体的な価格は示されていません。コンシューマー向け製品は今後、Varjoが成長するにつれて、コストが下がることで発売できるようになるとKonttori氏は予想しています。 しかし、体験した記者が最も気になった今後の展開は、同社がMRヘッドセットも研究開発していることです。それはマイクロソフトのHoloLensと言うよりかは、インテルのVR(インテルはMerged Realityと呼称)ヘッドセットProject Alloyのようなものになるとのこと。Varjoの先進的な視覚的忠実度をもち、内蔵カメラで外界を撮影して現実とバーチャルなものを合わせて表示します。直接撮影されたサンプルでは、現実の壁面をデジタルランプでリアルタムで照らし、色や影の変化が見られました。そのヘッドセットは、今年後半に発売するVRヘッドセットよりももっと初期のプロトタイプですが、チームが研究開発に興奮しているのか理解できました。 (参考)What it’s like to View XR Through Varjo, the World’s First Human-Eye Resolution Headset – (英語)https://vrscout.com/news/view-xr-varjo-worlds-first-human-eye-resolution-headset/ MoguraVRはVRscoutとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR

VR初心者にもおすすめ!Steamの無料VRゲーム・アプリ5選

さまざまなPCゲームなどを販売している配信プラットフォーム「Steam」。VRのゲームやアプリも揃っており、6月23日から7月6日までの期間中には、大規模な値下げセールである「サマーセール」も開催中。Mogura VRでも特集記事を組んでいます。 参考記事:Steamサマーセール開催!おすすめVRゲーム・アプリ19選 前回の記事は「セールのおともに」というコンセプトでしたが、今回は、Steamで配信中の多数のVR作品から「初心者にもおすすめで、無料で入手できる」という軸で選出したVRコンテンツを5つ紹介。 VR作品はインタフェース・字幕・吹き替えなど、日本語に対応していない作品もまだ多くありますが、その中から極力問題なく遊べる作品を中心に選出したのは前回と同じです。ぜひ参考にしてみてください! Trials on Tatooine https://www.youtube.com/watch?v=koBt4Kfb4Zw まず紹介するのは『Trials on Tatooine』。こちらはみなさまご存知、あの大人気映画『スター・ウォーズ』の世界を体験できるVRコンテンツです。 本作は映画シリーズ本編である『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の後となる世界が舞台、主人公はジェダイ見習いです。武器はもちろんライトセーバーで、ブラスターを跳ね返すといった映画で馴染み深いアクションも存在します。 ゲームというわけではなく「短編映画を体験」するといったコンテンツなのでプレイする際は注意が必要です。戦闘にはR2-D2などの映画ではおなじみのキャラクターや機体が登場。ファンにはたまらない作品になっています。 Allumette https://www.youtube.com/watch?v=AkzdxgMBDi8 本作は童話「マッチ売りの少女」をモチーフとして制作されたVRアニメーションです。現在対応するVRデバイスはPlaystation VR(PSVR)、Oculus Rift、HTC Viveです。 本作の大きな特徴のひとつは、自分がアニメの世界に入りこんだような感覚を味わえるという部分にあります。本編開始前にオープニングのテロップが流れるさなか、真冬の夜の街明かりがだんだんと点灯し、自分の周りにVRの街並みが作られるシーン。そこでは感じるのはまさに、ファンタジーの世界に少しずつ入り込んでいく感覚。 物語はある冬の日に始まります。街で1人さまよう少女アリュメットは、ふと、背負った大きな箱に入っていたマッチに火を点けます。すると、火の明かりが広がるとともに、少女の目の前に、1年前に母と過ごした日々が広がっていき―― 物語の詳細についてはぜひ自分の目で確かめてほしいので割愛しますが、トレイラームービーの解説には「アリュメットは、娘と母ふたりの愛と犠牲、そして深い絆の物語です」と、書かれています。20分ほどの短編に冠するテーマとしては、やや壮大に感じるかもしれません。しかし実際にこの作品を体験をしてみると、本作が表現したかったテーマとはたしかにそういうことなのだ、と実感を得ることができるでしょう。VRで「物語」を楽しみたい人には、まずおすすめしたい名作です。 なお、制作を行ったPenrose Studiosは、これまでにも「星の王子さま」をモチーフにしたVRアニメ『The Rose And I』の制作などを行っています。 The Lab https://www.youtube.com/watch?v=qYfNzhLXYGc 『The Lab』は、ショートコンテンツを詰め合わせたオムニバス作品です。「VRの中で歩ける、手を動かせる」という特徴を活かした良質なコンテンツ群が収録されています。 収録内容としては、ロボットの犬と戯れるコンテンツや、攻めてくる敵から弓矢で門を守る「ロングボウ」、巨大なパチンコで積みあがった荷物を崩していく「スリングショット」など。無料で色々な操作が試せるため、はじめて遊ぶVRゲームとしてぴったりなコンテンツです。 基本的な操作に慣れてきたら、シンプルながらしっかりしたゲーム性の「ロングボウ」を体験するのがおすすめです。ゲーム内で自分は城門を見下ろす城壁の上にいて、左手には城門が、右手には丘が見えます。丘からは次々と敵が現れるので矢を放って撃退していきます。 剣をもった敵、頭に兜をかぶっている敵、盾をかまえている敵など種類はさまざま。うまく敵の体に矢を当てて倒さなければなりません。アイテムとして「爆薬」があり、それに矢を当てることで、装備にかかわらず近くにいる敵を吹き飛ばして倒すことが可能です。 まさにVR初心者にうってつけのコンテンツ!ぜひ遊んでみてください。 Rec Room https://www.youtube.com/watch?v=Ub023IwvjXY 次に紹介する『Rec Room』は、オンラインプレイ向けのVRゲームです。オンラインでマッチングした人と一緒に、色々な遊びが体験できます。 遊べる内容には、卓球やおもちゃの銃での打ち合いなど、子供の頃に遊んだ懐かしい体験も。Steam上でフレンドになっていない人ともマッチングでき、遊びの幅も広いのでしっかりと遊べます。 ユーザ数も比較的多い印象があり、VRオンラインゲームの欠点である「オンラインに他のユーザーがいなくて、遊べない」という問題が起きにくく、とりあえずVRオンラインゲームを試してみたい人にもオススメです。 なお、同タイプの作品であるOculus Rift向けのVRオンラインゲーム「Toybox」と比較すると、一つ一つのゲームの質は軽めですが、本作はフレンドで無い人ともマッチングでき、遊びの幅が広いという点がおすすめポイントです。 https://www.youtube.com/watch?v=Ub023IwvjXY Google Earth VR https://www.youtube.com/watch?v=SCrkZOx5Q1M グーグルが提供している、世界地図の中に入れるサービス『Google Earth』、本作はそのVR対応版として配信されているタイトルです。 操作方法としては、自分の好きな場所をコントローラーで選ぶと、その場所をまるで鳥になって空から見下ろしている視点になります。都市部などの場所では建物が3Dで表示されますが、地方に行くと2Dで表示されます。しかし山や川などの地形は現実に忠実再現されており、VRで旅行しているような気分を味わうことができます。

【HTC Vive】6月第4週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

201706261005130000

6月第4週はHTC Vive向けに22個のゲーム・アプリがリリースされました。Vive向けのコンテンツプラットフォームSteamとViveportから注目作とリリース一覧をお届けします。 Unearthing Mars VR https://www.youtube.com/watch?v=zi9-Qlwv_HU 墜落した衛星を回収するために火星を探索していくスペースアドベンチャー。シミュレーションステージ、ドライブステージ、パズルステージ、シューティングステージなど様々なゲーム性を体験することができます。すでにPlayStation VR(PSVR)向けに配信されているコンテンツのPC版となります。 作品名:『Unearthing Mars VR』(Steam内のページ) (英語)開発 : Winking Entertainment ジャンル : スペースアドベンチャー日本語対応 : あり価格:1,480円プレイ範囲 : 着席、立位、ルームスケールプラットフォーム : steam MultiVR.se https://www.youtube.com/watch?v=CjjXIbBfPLI VR空間上にデスクトップ画面を表示することができるツール。2台以上のデスクトップストリーミングをサポートしている他、細かい部分を切り取って表示させることもできます。別途ダウンロードコンテンツ(980円)を購入すると、映画館や南の島など背景を変更することが可能になります。 作品名:『MultiVR.se』(Steam内のページ) (英語)開発 : VRider, Inc.ジャンル : バーチャルデスクトップルーム日本語対応 : なし価格:無料プレイ範囲 : 着席、立位、ルームスケールプラットフォーム : steam Chess Ultra https://www.youtube.com/watch?v=1PQUh5YR9no VR空間上でチェスをプレイすることができるチェスシミュレーション。10段階の強さを調整できるAIと80種類以上のチェスパズルが用意されています。VRに完全対応しておりハンドコントローラーを使って本物のチェスを遊ぶのと同じように駒を動かすことができます。 作品名:『Chess Ultra』(Steam内のページ) (英語)開発 : Ripstone ジャンル : チェスシミュレーション日本語対応 : なし価格:1,280円プレイ範囲 :

VR could get resolutions so high they’ll trick the human eye this year

tobiipro

I am standing in a virtual living room rendered via Unity. Except I am seeing things I never have before in VR. There is a virtual television on the wall to my left displaying a 4K video of a city. The floor, the couch pillows, the clothes hanging on a rack to my left, are