Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

This Flexible Thermoelectric Skin Has Made Me a Believer in Thermal Haptics

Korea-based TEGway is developing ThermoReal, a thermoelectric array which can generate heat and cold with impressively low latency. The flexible nature of ThermoReal could make it suitable for integration into VR controllers, More »

 

Pixvana Launches the First 360 Video Publishing Platform for Microsoft Windows Mixed Reality

19030189_1920371904871714_9019656682447682360_n

  Pixvana Launches the First 360 Video Publishing Platform for Microsoft Windows Mixed Reality Today Pixvana announced the first-of-its-kind platform for streaming immersive 360 video content on Windows 10 Mixed Reality (MR) devices. With Pixvana’s SPIN Studio publishing platform and SPIN Play SDK, media companies can now build custom Universal Windows Platform (UWP) 360 video

世界に挑戦する日本のVRアダルトゲーム 『VRカノジョ』『なないちゃんとあそぼ!』が韓国に初出展

201706151135683000

6⽉28⽇~30⽇の期間中、韓国ソウルで開催される「Virtual Reality Summit」は、世界の AR/VR関連企業がテクノロジーを披露する場となっています。 同エキスポでは「R18」の出展ブースも展開し、「アダルトVR市場」をビジネス及びエンターテイメント分野で影響⼒の多い市場と位置付けし、パネルトピックスとしても取り上げ ています。 今回、同エキスポのImagineVRブースにて、⽇本発のアダルトVRゲーム『VRカノジョ』と『なないちゃんとあそぼ!』の出展が発表されました。 ImagineVRは、VRコンテンツに特化しデジタルコンテンツ配信プラットフォーム。現在、国内外の50以上のアダルトVR作品(HTC Vive/Oculus Riftアプリ、モバイルVR対応動画など)が販売されています。 『なないちゃんとあそぼ!』は、独⾃のスマホコントローラシステムによりハンズフリー操作を実現した、VR専用アダルトゲームです。スマホを取り付けた空気嫁を動かすだけで、シームレスな体位チェンジが⾏えるインタラクティブなシミュレータを実現しています。   『VRカノジョ』は、主人公の近所に住む女の子「夕陽さくら」とのひと時を体験し、スキンシップを取ることができるゲームです。販売開始直後はアクセスが集中し、サーバーがダウンしたことなど話題になっていました。 同作は、嗅覚対応VRデバイス「VAQSO VR」を対応させた特別バージョンが展示されるとのこと。日本では5月8日から9日にかけて開催された開発者イベント「Unite 2017 Tokyo」にて女の子のパンストの匂いを「嗅げるVR」として出展され、視覚、聴覚だけでなく嗅覚も刺激するVR体験となっていました。 Mogura VR

『DOOM VFR』PSVR版も発売 北米ではパッケージ版登場

201706151037335000

ロサンゼルスで行われているE3でベセスダ・ソフトワークスは『Fallout 4 VR』と『DOOM VFR』の両方を2017年発売のVRゲームとして発表しました。いずれもHTC Vive向けに発表されましたが、『DOOM VFR』PlayStation VR(PSVR)向けにも発売されます。PSVR版の事前予約が米プレイステーションストアで開始されています。 『DOOM VFR』は1993年に第1作目が発売されて、FPSの魅力とマルチプレイ対戦の興奮を全世界に知らしめた名作ゲーム『DOOM』シリーズのVRゲームになります。 https://www.youtube.com/watch?v=JYOasB6aI_A 『DOOM VFR』 は2017年後半のリリースと発表されていますが、米プレイステーションストアでのリリース予定日は2017年12月31日となっています。これは正式な発売日ではなくベセスダが詳細な日程を発表するまでの仮表記であると考えられています。 フィジカル・エディションの発売も さらに『DOOM VFR』はビデオゲームのディスク版が好きなゲーマー向けの小売版も用意されていますが、 デジタル版と同じ発売日、価格になるかどうかは発表されていません。 『DOOM VFR』PSVR版が日本で発売されるかは不明です。 (参考)DOOM VFR Now Available To Pre-Order For PlayStation VR, Physical Edition Confirmedー (英語)https://www.vrfocus.com/2017/06/doom-vfr-now-available-to-pre-order-for-playstation-vr-physical-edition-confirmed/ Mogura VR

【PSVR】ちびキャラのアリソンが歩き回る 『サマーレッスン』新作デラックス版の特典情報が公開

201706151232803000

バンダイナムコエンタテインメントは、Playstation VR(PSVR)専用タイトル『サマーレッスン』の新作「アリソン・スノウ」デラックス版の特典情報を公開しました。 『サマーレッスン』は、VR内で女性キャラクターとコミュニケーションを楽しむことができる「癒やし」をテーマとしたVRゲームです。 今回に新たに登場する金髪女性キャラクター「アリソン・スノウ」は、2015年に開催されたゲームの展示会「E3 2015」のデモにて公開されており、約2年間という期間を経て今回製品化が決定しました。 デラックス版特典&早期購入特典 デラックス版特典として、アリソンのSDキャラが歩き回るアニメーションつきPlayStation4テーマ1点が収録。 BGMはPVで使用されている主題歌「Here I Am」のアレンジバージョンです。 デラックス版特典は『サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版』を予約購入者、 および配信後の購入者が対象となります。 また、早期購入特典として、ゲーム内で使用できる衣装「ゴシック・ロック」&「Kawaiiミント」の2種類が付与されます。 ゴシック・ロック Kawaiiミント ※早期購入特典は、『サマーレッスン:アリソン・スノウ 七日間の庭(基本ゲームパック)』または『サマーレッスン:アリソン・スノウ デラッ クス版』の予約購入者、および2017年6月22日~2017年7月21日の期間の購入者が対象。 『サマーレッスン:アリソン・スノウ 七日間の庭(基本ゲームパック)』および『サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版』は現在PlayStation Storeで予約受付中です。『サマーレッスン』の公式Twitterアカウントも開設されています。 製品情報 製品名 サマーレッスン:アリソン・スノウ 七日間の庭(基本ゲームパック) 対応プラットフォーム PlayStation VR WEBサイト http://summer-lesson.bn-ent.net/ 発売日 2017年6月22日 価格  2,980円(税込) CERO  C   製品名 サマーレッスン:アリソン・スノウ デラックス版 ※「七日間の庭(基本ゲームパック)」以後に配信される追加コンテンツ4点を含むデラックス 版。 対応プラットフォーム PlayStation VR 発売日 2017年6月22日 価格 8,320円(税込) Mogura VR

温度変化や歩行も“感じる”VR用全身外骨格インターフェースHaptX

201706151303331000

触覚など“世界を体感”することのできるデバイスの開発が世界中で進んでいます。手に装着するデバイスから、ベストのような身体に装着するデバイスまで、さまざまなデバイスが開発されています。 VRでの触覚の再現に取り組むAxonVR社は、VR内での歩行や、温度の変化、モノの硬さなどを体全身で感じることができる全身外骨格のインターフェースHaptXを開発しています。今回、米国の特許も所得したことが明らかになりました。 体全身でVR体験できる全身外骨格のインターフェースHaptX AxonVRは2012年に設立されたVRでの触覚再現に取り組む会社です。 今回、同社は体全身でVR体験をすることができる全身外骨格のインターフェースHaptXを開発し、特許を取得しました。 HaptXはマイクロ流体力学のテクノロジーを応用しデザインされたもので、VRでの接触点に局所的な圧力を与えて触感を再現するほか、VR内での歩行や温度の差、モノの表面の触感などの実現も可能にするインターフェースです。 HaptXは、外骨格のインターフェースが足の動きを読み取りVR内に反映して、体験者は階段を上ったりサッカーボールを蹴るといった動作を可能にします。 また、HaptXにはモノの感触を再現する触覚レイヤーと温度を再現するサーモレイヤーが全身を覆うように搭載されており、石を触ったときのザラザラ感や、火の熱さなどもフィードバックされます。 AxonVRのCEOであるJake Rubin氏は「“完全な没入感の再現”がHaptXの開発に最も重要視してきたポイントでした。そして体全身の動作をフィードバックできる外骨格インターフェースHaptXこそがVR体験の可能性を広げると思っています。」と語っています。 HaptXはコンシューマー用にはまだ準備できていませんが、体の動きすべてをVR内に反映できるHaptXは、ゲームやVRを使ったトレーニングなどさまざまな分野で大きな活躍をする可能性を秘めています。 https://www.youtube.com/watch?v=wPDtXnE9crg (参考)AxonVR is Building a Generalized Haptic Displayhttp://www.roadtovr.com/axonvr-building-generalized-haptic-display/ (英語)MoguraVRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。 Mogura VR

新連載『登嶋健太の360°たび日記』第1回:観光地で360度カメラを使ってみよう!

201706151036054000

はじめまして、こんにちは!高齢者施設(デイサービス)でリハビリにVRを使った活動【福祉×VR】をしている登嶋健太と申します。これまで、メジャースポットからローカルスポットまで日本各地と世界28カ国に360撮影に行き、100名以上のお年寄りのパーソナルなVR映像コンテンツを制作し体験していただきました。 この連載では、これまでの3年間の活動での実例や旅先の出来事を交えながら、360度映像・静止画、そして撮影した360度カメラの紹介をいたします。 登嶋健太氏(画像左) まず、自己紹介も兼ねて私の普段の活動【福祉×VR】について簡単に説明します。 私は、高齢者施設(デイサービス)でリハビリにVRを活用しています。そこでは、リハビリのフィジカルメニューと同等に、辛く単調で長期的なコトに取り組む上で、モチベーション維持がとても重要です。 「元気に歩けるようになったら何をしたいですか?」と目標を聞くと、「また思い出の場所にいきたい!」というお年寄りが多くいることに気が付きました。 VRで目標の思い出の場所に“行った気”になることで、気持ちが高揚しリハビリに取り組む意欲が増すのではないかと思い、2014年から【福祉×VR】という活動を始めました。  活動内容はいたって単純! 1.お年寄りの思い出の地を聞く2.360度カメラで現地に撮影行く3.お年寄りにVR体験してもらう クラウドファンディングで資金を募り、メジャースポットからローカルまで日本国内と世界28カ国に360度撮影に行き、100名以上のお年寄りのパーソナルなVR映像コンテンツを制作し体験していただきました。最新技術を使った原始的な活動です(笑)。 VRじゃなきゃいけない理由、何でハコスコ使ってるの?Googleストリートビューでいいんじゃない?などの疑問がある方はコチラのインタビュー記事をご参照ください。 また、撮影に使用している360度カメラも2000年代まではプロフェッショナルが中心に使うカメラでした。それまでは、「撮影→映像編集→発信」といったプロセスに特別な知識が必要で、制作するのに高額な費用と手間がかかっていたからです。 しかし、現在は家電量販店で2万円ほどで購入でき、スマートフォン1つあればSNSに360度映像を発信できるようになりました。もしかしたら、Mogura VRをみているあなたはカメラを持っているかもしれませんね。  毎日持ち歩いてるぞ! たまに使うかな。 めっきり出番がなくなった……。 と、カメラを持っている人でも頻繁に使う方も入れば、そうでない方もいるかと思います。この連載を通して、読者の皆さんが「360度カメラを持って旅行に出かけようかなぁ」という気分になってもらえれば幸いです。 水の都「ベネチア」を360度撮影してみた スマホの「ハコスコ」アプリをDLされている方はコチラからご覧ください。 上の映像はイタリアのベネチアです。「水の都」や「アドリア海の真珠」と呼ばれ、「ヴェネツィアとその潟」として世界遺産に登録されています。ここからは上記で撮影したベネチアを、画像とともに振り返りたいと思います。 ベネチアへは介護予防デイサービスのリハビリに励むお年寄りのために、360度撮影をしに行きました。 この写真は有名な撮影スポットとなっているアッカデーミア橋からの眺めです。 旅行にありがちなのですが、写真に夢中で見過ごしている景色は意外と多くあること。そういえば、橋の大きさどんくらいだったっけ?どのくらい人がいたっけ?背後の景色は?などなど、思い出せないことも多いですよね……。 360度映像なら、見過ごしていた景色を、過去に戻って確認でき旅行してる気分が再び味わえるのも特徴の1つです。 一方で、こちらはベネチアの360度映像でVRコンテンツを制作し、高齢者施設でVR体験をしていただいてる様子です。 数十年ぶりの思い出の場所。今ではすっかり変わってしまってることもよくあります。そして、撮影した僕では気が付かない“目線”で昔の面影を発見するお年寄りが多くいます。 VR体験者しているお年寄りの頭の中にある“何か”の記憶(思い出)である場合が多くあります。例えば、広場で雨宿りに駆け込んだ建物のアーケードなど。 360度で能動的に映像が見れることで、頭の中の記憶へダイレクトに繋げることができるのがフレーム映像にはできない新しいアプローチだと考えています。 ベネチアに話を戻しましょう。 ベネチアは海のイメージが強いですが、街を散歩するのもオススメです。細い道はまるで迷路のようで、パン屋さんやベネチアンマスクのお土産屋さんがあったり賑やかで楽しいです。 360度映像の50秒あたり。圧迫感すら感じ空も狭く感じる細道の先にサン・マルコ広場が広がります。 「世界で最も美しい広場」と言われ、サン・マルコ寺院と高さ約100mの鐘楼が目の前に!もしかしたら細い道からワッと広がる景色が世界一の要因なのかもしれませんね。 ゴンドラ乗り場に向かいます。乗り場はたくさんありますが一隻(6名まで乗船可能)で一律料金。日中は80€(約10,000円)で夜間は100€(約12,500円)です。リクエストをすれば生演奏をしてくれます。 360度映像の1分30秒あたり。「ため息橋」から撮影したゴンドラ乗り場の様子です。 ゴンドラの見どころの1つに「ため息橋」があります。その名の由来は、囚人が監獄前の最後に、ベネチアの景色を見てため息をついたからとか。今では、日没時に恋人同士がこの橋の下でキスをすると永遠に結ばれると言われています。 写真撮影で観光客が押し寄せる場所でもあります。 ひとり旅が続いてますが、ゴンドラに乗る写真を見比べて「誰かと旅行に行きたいなぁ」とコラムを書きながら切実に思いました。 ベネチアの撮影で使用した360度カメラについて いつも持ち歩く道具たち(左から360度カメラ、iPhone、マウント、自撮り棒、三脚) 現在は旅先で撮影する時はInsta360 Nanoを使用しています。2つの魚眼レンズはF値2.0、解像度は3K(3040×1520)で、約1時間の連続撮影とiPhone専用アプリをダウンロードすれば、手ブレ補正機能やLive Streamingも!!もちろん撮影した映像をすぐにiPhoneで確認できます。 このカメラの最大の特徴はiPhoneと直付けできることです。海外旅行では手荷物が多かったり、時間に余裕がない場合が多いのでWi-Fi・Bluetoothの接続の手間がなくスピーディーに撮影できることは想像以上に便利です。 日本と同じで、外国の観光地で360度カメラを持っている人を見かける機会は少ないです。そのために撮影中は注目を集めたり、声をかけられるコトが多くあります(Googleストリートビューと勘違いされて「グーグル!グーグル!」とか(笑))。 360度撮影はカメラがブレないように手元に気をつけていますが、好奇な目で注目されてもブレない心を持つことが最大のポイントかもしれません。 2015年に世界一周した時、観光客で360度カメラ持っている人なんて見かけませんでした。 しかし1年後のヨーロッパ縦断では、360度カメラで撮影する観光客がチラホラいることにすごくビックリしました!一般化した360度カメラの影響で、これまでなかったクリエイティビティーな映像や活用方法がますます増えるでしょう。楽しみです! 次回も撮影した制作物を紹介しつつ、撮影方法で工夫したことなど書いていこうと思ってます。それでは、1回目のコラムはこんな感じで終わります。では! Mogura VR