Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

This Flexible Thermoelectric Skin Has Made Me a Believer in Thermal Haptics

Korea-based TEGway is developing ThermoReal, a thermoelectric array which can generate heat and cold with impressively low latency. The flexible nature of ThermoReal could make it suitable for integration into VR controllers, More »

 

Ubisoft、マルチプレイVRシューター『Space Junkies』2018年春発売へ

201706131040940000

UbisoftはE3のプレスカンファレンスで2本の新作VRゲームを発表しました。そのうちの1作はマルチプレイ可能なVRシューター『Space Junkies』です。Oculus TouchとHTC Vive向けに2018年春に発売されます。 本作に関しては、ジェットパックを背負って1対1か2対2で対戦を行うVR専用ゲーム、という情報とスクリーンショットのみの公開となりました。プレイヤーは重力のきわめて小さい「Orbital Arenas」と呼ばれるステージで高速で飛び回り戦いを繰り広げます。「プレイヤーの動きに劇的に反応し、あらゆる方向からの攻撃が可能」なほか、武器の改造も行えるとのこと。 開発を手がけるのは『Rayman』シリーズを制作してきたUbisoftのモンペリエスタジオです。本作のために新たに自社開発したVRコンテンツ開発用の新ゲームエンジン「Brigitte」を使用しています。VR内でマップづくりなどを行えるインターフェースを内蔵しているとのこと。 詳報に期待したいところです。 (参考)http://www.roadtovr.com/ubisoft-announces-multiplayer-arcade-vr-shooter-space-junkies-first-screenshots-revealed/ ※Road to VRはMogura VRの北米におけるパートナーメディアです。 Mogura VR

目標100万人、世界展開も バンナム、新宿のVR体験施設「VR ZONE」マリオカートやドラゴンボール等IP集結

201706131451986000

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、新宿に2017年夏開設予定となっているVR体験施設「VR ZONE Shinjuku」に関する発表を6月13日の11時に実施しました。 発表によると、オープンは2017年7月14日(金)から期間限定で行われます。設置予定となる全16のVRアクティビティも公開されました。 バンダイナムコグループの技術力を結集した「VR ZONE」 同社の開発チーム「Project I can」は、2016年4月に東京・お台場でVRアクティビティの実験施設「VR ZONE」をオープンし、半年間営業を行いました。SNSなど口コミで話題となり、事前予約は連日満員という状況でした。 その後、2016年12月からは愛知県・長久手に、2017月5月から6月までは宮城県・名取に、それぞれ同様の体験ができる小規模な施設でVRアクティビティを展開しました。 バンダイナムコエンターテインメントは、VRアクティビティ施設「VR ZONE」構想について、「同グループが保有する人気IPとこれまで培われた3つの要素「コンテンツ開発力」、「VRオペレーション」、「体感インターフェース」を組み合わせた新しいエンターテインメント領域の挑戦」(同社常務取締役 浅沼誠氏)として紹介しました。 日本中、世界中へ2種類の施設を展開 VR ZONEは2016年夏から秋の間、東京・お台場に開設していたほか、愛知県・長久手に「VR NAGAKUTE」を、宮城県・名取に「VR NATORI」をオープンしています。 今後の展開としては、「7月に新宿・歌舞伎町にオープンする「VR ZONE SHINJUKU」を旗艦店にし、VR ZONEを世界中に同施設を展開する」(同社執行役員、AM事業部事業部長 堀内氏)とのこと。大規模施設であるVR ZONEと、面積が小さく(30〜70坪)で3〜4種類のアクティビティを体験できる小規模なVR ZONE Portalの2種類の施設を世界中に展開します。 VR ZONE Portalに関してはすでに2都市での開設が決まっており、2017年夏には初の海外展開となるロンドンに、また2017年秋には国内1号店として神戸に、それぞれ施設がオープンします。 VR ZONE SHINJUKUは2017年7月から2019年3月までの21ヶ月間稼働し、目標来場者数は100万人を見込んでいます。「少なくとも100万人ということで、さらに多くの人に楽しんでほしい」(堀内氏)とのことで、施設の盛り上げに意欲を見せていました。 総床面積は1,100坪で2階建てです。料金体系は新たな1day4チケットセットを採用。入場料と、予め分類された4つの区分のVRにアクティビティを1つずつ体験できるチケットがセットになっています。価格は税込4,400円。最低でも入場して4つのコンテンツを体験することができます。 さらに多くのアクティビティを体験したい場合はチケットを追加購入することになります。 体験できるアクティビティ一覧 VR ZONE SHINJUKUには、VRデバイスを使用するものとしないもの合わせて全部で16のアクティビティが登場します。 本施設では、「複数人で遊べる」ことを重視し、VRをこれまで体験したことのない人でも十分に楽しめるように配慮したとのこと。 エヴァンゲリオン、マリオカート、ドラゴンボールなど知名度の高く人気なIPの世界を体験できるものから、お台場のVR ZONEにて体験できた人気のアクティビティ、さらに新規のアクティビティも複数用意されています。 全16のアクティビティは公式サイトにて公開されています。 https://www.youtube.com/watch?v=EDEaTlIEfwM 各コンテンツの詳細については別記事にてお伝えします。 オリジナルメニューやプロジェクションマッピングなど 同施設では、オリジナルで開発したメニューを楽しめる食事コーナーや室内外のプロジェクションマッピングも行うとのこと。VRにとどまらない、遊園地のような総合アクティビティ施設を目指していることが伺えます。 オープンは7月14日(金)、予約開始は6月16日昼12時から公式サイトにて受付を開始します。 施設情報 施設名 超現実エンターテインメントEXPO 「VR ZONE SHINJUKU」 営業場所

HTC Vive デラックス オーディオ ストラップ 内部パッド無償交換に対応

201706131426419000

HTC NIPPON株式会社は、同社が販売するHTC Viveの新たなアクセサリー「Vive デラックス オーディオ ストラップ」の内部パッドを無償交換の対応を発表しました。 「Vive デラックス オーディオストラップ」は、HTC Vive本体にヘッドホンを統合し装着時の調節も後頭部のダイヤルで手軽にするなど、HTC Viveの使用を快適にするアクセサリーとなっています。 2017年6月6日に販売開始となった本アクセサリーですが、今回内部パッドを無償交換するとの対応が発表されました。同社は「内部パッドが汗などの水分を吸収した場合、に少しの摩擦においてもパッド部分が剥離する現象が確認された」発表しています。 Vive デラックス オーディオストラップの交換希望者は、Viveカスタマーサポートへ連絡することで内部パッドの素材を変更した物を届けてもらえるとのことです(約2週間前後を予定)。 また、次回出荷予定の本アクセサリーは、内部パッドの素材を変更した物を使用する予定となっています。 なおMoguraVRでは、Vive デラックス オーディオストラップの換装方法を紹介しています。 Mogura VR

VR発ゲームが通常のコンソールへ 狐のアドベンチャー『Super Lucky’s Tale』

201706131736248000

6月13日より開催しているゲーム見本市E3にて、Xbox One/PC向けアクションゲーム『Super Lucky’s Tale』が発表されました。 Oculusローンチタイトルの続編か Playfulは、2016年にOculus Riftのローンチタイトルとして三人称アクションアドベンチャー『Lucky’s Tale』をリリースしています。その続編となる新作アクションゲーム『Super Lucky’s Tale』が、Xbox One X及び、Xbox Play AnywhereタイトルとしてXbox One、Windows 10 PC向けに発表されました。 発表された2分ほどのトレイラーでは、様々なゲームプレイシーンの様子も映されています。 https://www.youtube.com/watch?v=3zi_nI0SIic 説明文では、次のように記述されています。 「『Super Lucky’s Tale』はXbox Oneでの独占リリースです。本作は、どんな世代でも楽しめる遊び場を提供します。 愛する妹が「Book of Ages」をJinxから守る手助けをするため、明るく元気な愛らしいヒーローであるLuckyになりましょう。小賢しくミステリアスな悪役であるJinxは、世界を作り変えようとしています……その理由とは一体?」 上記より、PlayStation 4でのリリースはないと見られます。 『Super Lucky’s Tale』は、Xbox One Xの発売と同じく11月7日にリリース予定です。なお、VR対応に関する詳細はまだ触れられていません。 (参考)UploadVR / E3 2017: Super Lucky’s Tale Coming To Xbox One X, PC(英語)https://uploadvr.com/super-luckys-tale-coming-xbox-one-x-pc/ Mogura VR

Bandai Namco to open virtual reality arcades in Japan and overseas

With an eye on bringing lifelike quality to the world of anime and popular video games, Bandai Namco Entertainment Inc. said Tuesday it will launch a flagship arcade featuring virtual reality gaming in Shinjuku Ward, Tokyo, next month. The two-story flagship, to be called VR Zone Shinjuku, is scheduled to open July 14. It will

デル、VR対応ハイエンドゲーミングPC新型3モデルを発表

201706131838615000

デル株式会社は、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」からVR対応の「ALIENWARE Area-51」の新型デスクトップPC2モデルと「Max-Q Design」によるノートPC「ALIENWARE 15」を発表しました。 「ALIENWARE Area-51」のゲーミングデスクトップPCの新モデルは、AMDの「Ryzen Threadripper」が搭載の「Area-51 Threadripper Edition」と「Intel Core Xシリーズ」プロセッサー搭載の「Area-51 with Intel Core X-Series」の2モデルです。 本ゲーミングデスクトップPCは、NVIDIAのグラフィックボード搭載のVR対応のモデルとなっています。VR対応(VR Ready)となっているものは「GeForce GTX1000」シリーズのGTX1060、GTX1070、GTX1080などが存在しています。 「ALIENWARE Area-51」のThreadripper搭載モデルは、2017年7月27日に注文が開始される予定です。また、Intel Core Xシリーズ搭載モデルは、それぞれ2017年8月22日に発売される予定です。価格は近日中に発表されるとのことです。 15.6インチゲーミングノートパソコン「New ALIENWARE 15」 は、先日台湾で行われた「COMPUTEX 2017」で発表されたゲーミングノートPCの新たなデザイン「Max-Q Design」によるNVIDIA GeForce GTX 1080搭載モデルとなっています。 こちらも「ALIENWARE Area-51」同様、VR体験を行う環境を満たしています。また、長時間のゲームプレイにも対応しているとのこと。 「New ALIENWARE 15」は米国で2017年6月27に発売され、価格は近日中に発表される予定とのことです。 Mogura VR