Microsoft wants to make Direct Reality VR’s answer to DirectX

Just ahead of Microsoft’s media event prior to E3 (the Electronic Entertainment Expo trade show) last week the company filed a trademark for Direct Reality. Given the company’s penchant for relabelling virtual More »

Russian Artist Arrested for Refusing to Take off Her VR Headset

Moscow artist Ekaterina Nenasheva claims she was arrested and taken to a psychiatric clinic. The crime? Refusing to take off her VR headset according to reports. Over the past four years, VR has More »

Video: Watch Valve’s New ‘Knuckles’ VR Controller in Action

Knuckles, Valve’s unique VR motion controller, is already in the hands of select developers who are no doubt designing ways to use the controller’s 5-finger tracking. In the video published by Zulubo More »

Steam’s Massive 2017 Summer Sale Kicks Off Today With Discounts To Over 800 VR Games

It’s that time of the year again. Kids are frolicking at parks during the day, free from the restraints of school life, the sun is shining high in the sky, and everybody More »

YouTube Introduces VR180 Format

So you don’t have to look behind you. During a keynote at Vidcon, YouTube CEO Susan Wojcicki took the stage to announce the rollout of a new video format called VR180. As More »

This Flexible Thermoelectric Skin Has Made Me a Believer in Thermal Haptics

Korea-based TEGway is developing ThermoReal, a thermoelectric array which can generate heat and cold with impressively low latency. The flexible nature of ThermoReal could make it suitable for integration into VR controllers, More »

 

「突然ですが、明日結婚します」のマネキンチャレンジ360度動画やVRゴーグルが登場、DVD/Blu-ray特典

201706231243117000

2017年1月よりフジテレビより放送されていたTVドラマ「突然ですが、明日結婚します」のDVD/Blu-ray BOXを購入すると、同ドラマのエンディングで流れる「マネキンチャレンジ」の360度動画と専用VRゴーグルが特典として付いてきます。 https://www.youtube.com/watch?v=YOUEn6rT-n4 「突然ですが、明日結婚します」は、専業主婦に憧れる「高梨あすか(西内まりや)」と結婚をしたくない「名波竜(flumpool-山村隆太)」という結婚に対する価値観が異なった2人を描く恋愛ドラマです。 「突然ですが、明日結婚します」DVD BOX & Blu-ray BOXが本日発売デス!初回限定特典には、EDのマネキンチャレンジの模様が収められた360°VR映像 DLカードと専用ゴーグルも!詳しくはコチラ→https://t.co/WF6sAvalDS#flumpool https://t.co/eItlABAL7B — flumpool_STAFF (@flumpool_STAFF) 2017年6月21日 同ドラマのエンディングは、キャスト陣が全員マネキン人形のように静止する「マネキンチャレンジ」の手法が使われています。今回のDVD/Blu-ray BOXでは、「マネキンチャレンジの舞台裏」として360度動画のダウンロードカードと専用VRゴーグルが初回限定特典として付いてきます。 マネキンチャレンジの舞台裏ということなので、撮影時に現場がどのような雰囲気だったのかを覗けるかもしれませんね。 ・ASMART-「突然ですが、明日結婚します」DVD /Blu-ray BOX Mogura VR

「VRを通して人々が繋がる場を創る」 VR体験カフェ&バー『WarpZone』 渋谷開設に向けクラウドファンディング開始

201706231403188000

AbstractEdge合同会社は、今夏渋谷でのオープンを目指して企画中のVR体験カフェ&バー『WarpZone』を運営するためのクラウドファンディングを開始しました。 https://www.youtube.com/watch?v=-pVNntqF3_s 本プロジェクトの開始は、AbstractEdge代表の小倉氏がYoutubeでのVRゲームプレイ動画を見ていた際に、「VRは一人で楽しむより複数人で楽しむためのガジェットなのかもしれない、カフェやバーに置いたら面白いのではないか」と思ったことがきっかけとのこと。理念として「VR体験を通して人々が繋がる場を創りたい」と考えているようです。 開設予定の店舗は渋谷駅徒歩3分の立地。渋谷ロフト前のビル7階(最上階)となっています。 店内は18.5坪(約61平米)の広さで、バーカウンター・窓側カウンター・テーブル席を配置。店内奥側のテーブル席ではハイエンドVRデバイスを楽しめるとのこと。 ハイエンドVRデバイスとして導入するHTC Viveは、VR内を自由に歩き回れる「ルームスケール」が特徴です。導入予定コンテンツとして代表的なものも公開されており、下記のとおりとなります。 Google Earth VR 自由に地球を見て回れる『Google Earth VR』。Google Earthと同じ高解像度の衛星画像、航空写真、主要な都市や観光地の高精細な3Dオブジェクトを1人称視点でシームレスに体験できます。 https://www.youtube.com/watch?v=SCrkZOx5Q1M Tilt Brush 『Tilt Brush』は、HTC Viveを装着してVR空間に線を描いていくペインティングツールです。両手に持ったコントローラーがパレットと筆になり、色も線種も自由自在に3D空間に絵を描くことができます。 https://www.youtube.com/watch?v=TckqNdrdbgk The Lab 『The Lab』はVR向けコンテンツの配信プラットフォームSteamVRを提供するValveが制作したコンテンツ。内容は研究所(Lab)に広がるショートコンテンツから遊びたいものを選ぶミニゲームの詰め合わせ。VRの普及を推し進めるValve直々のコンテンツなだけあり、HTC Viveの特徴である「歩けること」「手を動かせること」を最大限活かした、楽しさが感じられるゲームです。 https://www.youtube.com/watch?v=ASVku-48N8Q Audioshield 音楽に合わせて、前方から迫ってくる玉を受け止めるリズムゲームです。収録されている20曲以上の曲は人気を博したアニメ「進撃の巨人」のテーマソング「紅蓮の弓矢」なども含まれます。PCに保存されている曲でも楽しむことができます。 https://www.youtube.com/watch?v=FhSsdsu4yIk 本店舗はVR体験を楽しむことを目的とし、食事の提供は無し(持ち込み可)、通常一人あたり1時間2,000円/2時間3,000円(ワンドリンク込み)の入場料金。精密機器を取り扱うため店内は完全禁煙です。 なお、クラウドファンディングの調達資金の用途は、店舗の運転資金のほか、ホームページ制作費など。設備は各テーブル毎に大型テレビを設置し、PSVRやHTC ViveなどVRヘッドマウントディスプレイや、Gear VRを各席で遊べるようにし、関心度の高いソフトを導入する予定。また、未定ではあるものの、今後都内に『WarpZone』を増やすことも検討しているとのこと。 今夏2017年7月には、新宿に新VR体験施設「VR ZONE Shinjuku」も開設されます。今後、さらにVRを体験できる施設が増えていくことが期待されますね。 行く前にチェック!新宿のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」徹底ガイド 甲羅は手で掴んで投げるもの VR ZONEに登場予定の新作『マリカーVR』 「はーい、そこから落ちてください!」ボロボロ人力飛行機で空中散歩 VR ZONEの新VR体験『ハネチャリ』 目標100万人、世界展開も バンナム、新宿のVR体験施設「VR ZONE」マリオカートやドラゴンボール等IP集結 Mogura VR

劇場版「仮面ライダーエグゼイド」「宇宙戦隊キュウレンジャー」製作会見が360度動画で公開

201706231514467000

株式会社360Channelは、同社が運営する360度動画配信サービス「360Channe」の映画紹介チャンネル「Pick up Cinema」にて、『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』の製作発表会見の360度動画が6月23日より配信します。 テレビ朝日系列より放送中の平成仮面ライダーシリーズ第18作目「仮面ライダーエグゼイド」と、スーパー戦隊シリーズ第41作目「宇宙戦隊キュウレンジャー」の劇場版が8月5日に同時上映されることが決定しました。 本映画の上映に先駆け、6月5日に行われた製作発表記者会見の様子を360度動画にて配信されることが発表されました。 ・「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」、「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」 製作発表会見 本会見が行われた多摩六都科学館は、劇場版エグゼイドの舞台となる「VR空間」と、劇場版キュウレンジャーの舞台となる「大宇宙」の世界観が伝わるよう、1億4000万もの星を映し出すなど迫力ある映像を表現できる巨大プラネタリウムで開催されました。 告知映像の後には、2作のキャスト陣や監督らの映画についてのトークが行われています。 動画の概要 ・チャンネル:Pick Up Cinema・動画:「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」、「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」 製作発表会見・動画URL:https://www.360ch.tv/videoview/507 なお劇場版エグゼイドには、PlayStation VRをモチーフとした変身キーアイテム「幻夢VR」が登場します。VRの世界でどのような戦いが描かれるのか注目したいところです。 (参考)プレスリリース Mogura VR

北米PSVRソフト月間DL数1位の『Farpoint』日本発売 PSVR専用ガンコントローラーも同時に!

201706231401705000

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは22日、5月の北米PSVRダウンロードランキングにて『Star Trek:Bridge Crew』、『Job Simulator』、『バットマン:アーカムVR』といった人気タイトルを抑えて1位を獲得したVRFPS『Farpoint』の日本販売を開始しました。 また、合わせてPlayStation VR専用ガンコントローラー「PlayStation VR シューティングコントローラー」を6月22日より発売しました。 本ガンコントローラーは、持ち方や狙いを定めている場所がそのままゲームに反映されるため、ゲーム内の標的を現実で狙うかのような直感的な動きで行えるため没入感をより高めます。 https://www.youtube.com/watch?v=XK5y9Q9zr0c 『Farpoint』は、突然発生したワームホールに吸い込まれてしまい、赤い砂に覆われた未知の惑星へと辿り着きます。プレイヤーは、襲いくる生命体との戦いを繰り広げながら、離ればなれになった研究者「エヴァ」と「グラント」を探し出して、惑星から脱出することが目標です。 惑星を探索する中では、ショットガンやスナイパーライフル、ロケット弾などの武器を入手することが可能です。状況に応じて武器チェンジすることで戦略性を楽しむことができます。 同ゲームは、本ガンコントローラーに対応しており、ソフト単体でもプレイが可能です。 https://www.youtube.com/watch?v=BPpFG2Q_V2I また、VRホラーFPS『The Brookhaven Experiment』にも対応。暗闇の中襲い掛かってくるモンスターたちを撃退していくゲームとなっています。 ・【HTC Vive】VR×暗闇×怪物 Vive最恐シューター『The Brookhaven Experiment』レビュー 『Farpoint』概要 商品名称:『Farpoint』ジャンル:シューティング対応機種:PlayStation4PlayStationVR:必須発売日:2017年6月22日(木)価格:5,900円+税、ダウンロード版販売価格:5,900円+税、PlayStationVR シューティングコントローラー同梱版 8,900円+税CERO:D(17才以上対象)発売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント PlayStation VR シューティングコントローラー 対応機種 PlayStation4 VR専用 発売日 2017年6月22日 価格 5,980円+税 Mogura VR

最年長プロ棋士 加藤一二三氏、現役引退の日を360度動画で公開

201706231643109000

最年長プロ棋士である加藤一二三氏。彼の63年間の現役生活にピリオドを打つことになった日の様子を撮影した360度動画が6月23日より公開されました。360度動画配信サービス提供する360Channelにて視聴可能です。 本動画では、元名人であるプロ将棋棋士「ひふみん」こと加藤一二三・九段(77歳)の引退をかけた対局を取材しています。加藤九段は、14歳7ヶ月(当時の史上最年少記録)でプロ入りを果たし、「神武以来の天才」と称された人物です。 42歳で初めて名人を獲得し、通算のタイトル獲得期数は計8期。近年は、テレビのバラエティー番組にも多数出演し、幅広い層から人気を集めています。 今回の対局は6月20日に東京都渋谷区の将棋会館で行われました。結果は、加藤九段の敗退となり、史上最年長棋士の引退が決定。 現場には20社50人の報道陣が詰めかけましたのですが、対局後に行うインタビューや対局を振り返る感想戦を行わないという異例な事態となりました。 視聴時間は約5分ほど。緊張感高まる対局開始時の様子や、対局終了後に急遽開かれた将棋連盟による会見を360度動画で体験することができます。 本動画が第1弾となった「ニュースやネットで話題のあの人・あの現場」チャンネルでは、テレビのニュースや新聞、SNSなどで注目されている現象・人・場所を360度カメラで取材していくとのことです。 なお360度動画を活用した取り組みとして、NHKは過去に覚醒剤所持、使用の罪で逮捕された田代まさし氏の1日を追った360度動画「A Day Of 薬物依存症 田代さんの一日」を公開しています。 (参考)VR ひふみん引退の日 Mogura VR

VRの中の部屋をゲームのグッズで装飾 SteamVR Homeに導入

201706231929607000

現実の部屋と同じようにVRの中の自分の部屋を自分の好きなように飾り付けることができたら、VRの中の「部屋」はより、そこに長く居たいと思う空間になるかもしれません。 Valveはベータ版が開始されたSteamVR向け起動インターフェースであるSteamVR HomeにSteamVR Collectibles(以下、Collectibles)という仕組みを導入しました。 Collectiblesにより、自分自身のバーチャルスペースを飾ることや、自身のアバターの装飾などに利用ができるバーチャルグッズを追加しました。 ValveはVRタイトルの開発者と連携して 次の対応VRタイトルとバーチャルグッズを作成しました。 ・Job Simulator・Fantastic Contraption・Space Pirate Trainer・Audioshield・The Gallery – Episode 1: Call of the Starseed・Arizona Sunshine・Onward・AirMech Command・Serious Sam: The Last Hope・Hover Junkers・The Lab・Dota 2 実績システムの将来像 SteamVR Home Beta(ホーム)はパソコンで言うところの「デスクトップ」のようなSteamVRの起動インターフェースです。Valveは、このホームに豊かなカスタマイズ性とインタラクティブな機能をさらに追加していくと同時に、いわゆる「実績」システムの将来像になるとしています。 SteamVRのニュースページで発表された今回の報道で、Valveは「VRタイトルの”オーナーシップ(保有)やプレイタイム”などに基づいてアイテムが授与される」と述べています。現在のSteamにもトレーディングカードシステムなどがありますが、同様にSteamでリリースされているVRタイトルを進めるをこなすことで報酬として配布するとのことです。 またValveのリアルマネーを使ったCommunity Marketでは、ホームのための販売用アイテムが既に用意されているとのこと。 Valveのバーチャルグッズの発端 Valveが無償で配布しているVRコンテンツである『The Lab』にも様々なバーチャルグッズが実装されており、HTC Viveの発売以降、ValveのVRコンテンツの特徴でした。そのバーチャルグッズの一部はホームにも移植されています。Collectiblesは初期のものは静止しているものが多いですが、『Fantastic Contraption』のNekoのおもちゃなど、インタラクティブにすることは可能なものもあります。 バーチャルグッズの価値 バーチャルリアリティのグッズは、ゲームプレイの実績を見ることができる非常に面白いアイデアです。Valveは欲しいアイテムがあるが、プレイに時間を費やしたくないものに関してはCommunity Marketで商品を購入することができるようになるとしていますが、その金額は実績解除の難易度に応じて決まるとしています。 今後、無限にコピーができてしまうデジタル商品の、妥当な価値を保持する方法など。将来のバーチャルグッズを巡った経済がどのようになっていくか、などの疑問が出てくることになるでしょう。 今回の追加は第1弾とのこと。今後も対応VRタイトルが追加されていくことが期待されます。 (参考)SteamVR Home Gets Virtual Collectibles, an Intriguing Glimpse at